メス バウアー 効果

放射光でほぼ全てのメスバウアー吸収スペクトル測定が可能に-元素を特定した電子構造や磁性の研究のプローブへ-

その化学反応を定量的に調べるには、放射線のを求める必要がある。 メスバウアー効果は極めて鋭敏な(Q値の高い)共鳴効果であり、放射線源または吸収体のわずかな相対運動によって共鳴吸収現象が起こらなくなる。 当研究室では、メスバウアー分光法を用いたコンドライト隕石の研究を行っています。

もっと

核放射物理学

特徴 放射線源使用許可が降りていない大学や企業では不可能な、メスバウアー分光測定の支援を行います。 メスバウアー線源として使用される親核種(メスバウアー核種)には 57Co( 57Fe)、 61Cu( 61Ni)、 119mSn( 119Sn)、 129mTe( 129I)、 193Os( 193Ir)、 197Pt( 197Au)など多くのRI線源が使用されている。 メスバウアー効果はとして、固体の結合状態を調べるのに利用される。 , の2016年3月13日時点におけるアーカイブ。

もっと

メスバウアー分光法

全ての組み合わせ [ ] 異性体シフト、四極子分裂、超微細分裂という3つのメスバウアーパラメータは基準のスペクトルと比較して特定の化合物を識別する際によく使われる。 触媒反応後。

もっと

金沢大学理工学域物質化学類放射化学研究室 研究概要

たとえば、 57Fe核の場合6本に分裂したスペクトルとなる. 例えば、の線源はからなる。 この場合、入射X線のエネルギースペクトルは入射エネルギーを中心として広がった分布を示すようになります。 , の2016年3月13日時点におけるアーカイブ。

もっと

メスバウアー分光法

この現象はメスバウアー効果といわれ、現在ではイリジウムのほか鉄、ニッケルなど約40種の元素について、その同位体にこの効果があることが知られている。 放射化学が放射性アイソトープ(RI)の元素としての振る舞いを問題とするのに対し、原子核の性質を研究する分野として位置づけられる。 しかしながら、この手法では高エネルギー放射光を測定することが困難であることより、本研究グループは原子核が励起準位から基底準位に崩壊するときに放出されるやを検出することで効率的な検出が可能となることに着目しました。

もっと

2.メスバウア分光の基礎

そのため、放射性核を試料に導入する必要があります。

もっと

核放射物理学

例えばよく用いられるFeの分光では、Feの価数、高スピンなのか低スピンなのか、またその配位数などに応じてピーク位置が変わるため、得られた結果を標準的なピークの足し合わせとして解釈することで、試料中でFeがどのような状態にいるのかを解明することができる。 ,32,564(1967) (12)関根俊明、ほか:新しいアイソトープ 127Pr, 125Prの確認、Isotope News,No. 当研究室では、CoとMnを共ドープしたZnO試料に 57Coをドープし、Co位置での局所磁性の発現の有無を調べています。 ガンマ線共鳴吸収スペクトルを通じて原子核を取り巻く局所的な電子状態に関する情報を得ることができ、構成元素としてFeまたはSnを含むナノテク関連物質の局所的な結晶構造や磁性や原子価を探る上で、ユニークな測定手段となります。

もっと

メスバウアー分光装置|名古屋工業大学「ナノテクノロジープラットフォーム分子・物質合成」

さらに、大型放射光施設SPring-8の共同利用ビームラインである核共鳴散乱ビームライン(BL09XU)を用いて、適当な放射性同位体線源が存在しないため測定が大変困難であった高い励起エネルギーを有するGe(Ge-73、第3励起状態68. メスバウアーによるイリジウム191によるメスバウアー効果の発見後、他にも共鳴吸収現象を起こす原子核が発見された。

もっと