ラーマ クリシュナ

ラーマクリシュナとは

今おまえの役目は戦うことだ。 マハーマントラは、『カリ・サンタラナ・ウパニシャッド』の中で、特にこのカリ時代(現代)のために勧められているものです。

もっと

楽天ブックス: 不滅の言葉(第4巻)

あんまりにも自分を慕ってきた娘達が多いものだから、自分の分身をたくさんつくって相手をさせたとかなんとか。 シュリー・サーラダー ・ デーヴィー Sri Sarada Devi (通称:ホーリー ・ マザー (1853年12月22日 ~ 1920年7月20日)シュリー・ラーマクリシュナの霊性のパートナーである。 言えることは、それは『ただ在る』というものです。 より優れたエネルギー(精神)が劣勢のエネルギー(物質)と接触すると、うまく調和がとれません。

もっと

ハレー・クリシュナ・マハマントラについて

マントラは、特定の遺伝子を持つ種のようなものです。 、、、、全てがクリシュナです。 武道大会の会場には、「二人を殺せ!」と命令された巨漢が待ちかまえてたんだけど、クリシュナとバララーマはそいつらをこてんぱんにやっつけた。

もっと

クリシュナ

神の実在について、人間精神は本性上神と同一であること、目に見え感じられる現実は(幻)であることを学んだ。

もっと

クリシュナとは

万神は唯一神の具現にして、万教は一真理の多彩な表現である。 [原 實] 『上村勝彦著『インド神話』(1981・東京書籍)』 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説 【権化】より …一般に一神教的な思想と多種多様な信仰形態を調和させ,特定の強力な神仏が種々に顕現するという形で,起源の異なる種々の神格を統一して特定の神仏に帰するという,諸信仰の習合の合理化として現れる。 本ミッションの任務は、シュリ・ラーマクリシュナによって始められた運動の諸活動を心正しき人々に伝え、異なる宗教の信者の間に友情や親交を育み、それらの人々に、様々な宗教の形態はあるけれども、一つだけ不死で永遠の宗教があることを知らしめることである。 賢者はそれをさまざまに呼びなす」という標語を掲げている。

もっと

ハレー・クリシュナ・マハマントラについて

マントラの響きは、精神界から来ているからそのような効果が得られるのです。 (「」または「」または「汚物の破壊者」)、我々が現在存在している時期で、に終りを迎えるの最後に出現すると予測される。

もっと

ラーマクリシュナ

発足にあたってスワミジーがかかげた僧団の理想は、「自己(純粋自己)の開放のために、そして人類の幸せのために」というものでした。 自分にできること何でもを通じて世の人の幸せに貢献しようとするこの運動に、多くの方々の参加を希望します。

もっと

聖なる三位

つまり、全員が平等の発言権を有し、多数者の投票で決定に至るというものです。 クリシュナを崇めています。 このクリシュナへの愛が、帰依者たちを手の届かない喜びに導くと言われます。

もっと