カーペンターズ 雨 の 日 と 月曜日 は

カーペンターズ 「雨の日と月曜日は(Rainy Days and Mondays)」

カーペンターズによる「ふたりのラヴ・ソング」と「星空に愛を」のミュージック・ビデオがDVD "" で観ることができる。 このアルバムからは、をゲスト・ヴォーカルに迎えた「サムシング・イン・ユア・アイズ」がヒット・シングルとなった。 リチャードとベティスはこの曲がヒット・シングルになるとは思っていなかったので、ロジャー・ヤングとの賭けでトップ5入りしない方に賭けており、2人はヤングに1000ドル支払うはめになったという。

もっと

『雨の日と月曜日は』カーペンターズ 歌詞和訳|『Rainy Days and Mondays』Carpenters

Richard and Karen Carpenter's Official Website. カーペンターズ初のDVDドキュメンタリー。 カレンの最も好きな曲といわれる「」はビルボード・ホット100では25位にとどまったが、アダルト・コンテンポラリー・チャートでは「見つめあう恋」に続き14枚目となる1位を獲得した。 シングル売上枚数は第1位。

もっと

カーペンターズのディスコグラフィ

カレンの死は拒食症だけでなく過食症に対してもメディアの注目を呼び寄せた。 会葬者の中には、、、、、といった彼女の友人たちがいた。 歴史的建造物であったのにと嘆くものもある。 カーペンターズ2作目の映像作品。

もっと

雨の日と月曜日は〜アメリカンポップスの最高峰カーペンターズを支えた作曲家と名奏者たち|季節(いま)の歌|TAP the POP

第3に挙げられるのがで、これは負担や衰弱としては非常に軽いもので、慢性的な疾患と関連した一般的な体の衰えというべきものであった。 この拒食症が最初に現われたのは、ラスヴェガスでのショーの途中でカレンが倒れた1975年のことである。  歌詞の意味と解釈 タイトル通り、誰もが感じるであろう「 雨の日と月曜日の憂鬱」を歌った曲です。 1975年はまだ彼らにとって多作の年であった。

もっと

雨の日と月曜日は〜アメリカンポップスの最高峰カーペンターズを支えた作曲家と名奏者たち|季節(いま)の歌|TAP the POP

なぜあえて「used to」を使ったのか。 1984年、リチャードはデュオの最初のクリスマス・アルバム『クリスマス・ポートレイト』からのアウトテイクに新しい音源を加えた2枚目のクリスマス・アルバム『』を、カーペンターズの「新作」として制作した。 同年の秋からリチャードはへ通い、体育の代わりにバンドを選択科目とした。 ライブ・アルバム [ ] カーペンターズの公式ライヴ・アルバムは少なく、アメリカ本国においては発売さえしていないが、1974年に日本で『ライヴ・イン・ジャパン』(およびその模様を収めたヴィデオ)を、また1976年にイギリスで『ライヴ・イン・ロンドン』をそれぞれ1作ずつ発売している。

もっと

『雨の日と月曜日は』カーペンターズ 歌詞和訳|『Rainy Days and Mondays』Carpenters

文の構造は「call O C(OをCと呼ぶ)」で• カレンはシングル「オンリー・イエスタデイ」のミュージック・ビデオを撮影したころには(まだ病的ではなかったが)顕著に痩せて見えるようになった。 Carpenter, Richard 1976. バンド• 1981年6月16日にリリースされたカーペンターズのデュオとしての次なるLP『』は、商業的には失敗に終わった。

もっと