アークテリクス アトム lt

アークテリクス(ARC'TERYX)アトムARフーディーを着てみた感想

五年くらい使っていますがまったく劣化なし。 LT 軽量モデル。 アトム LT フーディ アルパインクライミングでミッドレイヤーあるいは単体で着られるアイテムとして定評のある、汎用性の高い軽量中綿フーディ。

もっと

Arc'teryx ATOM LT と Patagonia ナノエア を比較する

伸縮性もあります。

もっと

アトム LT フーディ

残雪期や積雪期など行動中の保温力を求めるのであれば、化繊のウェア一択となります。 ダウン・化繊各々にメリット、デメリットがあり、登山での運動量や天気・使用場面、体質等で選択が変わってきます。 ベータはそうではないので適度な丈となっています。

もっと

アトム LT フーディ

(黒いから分かりづらいですね。 次に体温が上昇するとすぐに蒸れる。

もっと

アークテリクス アトムLTフーディレビュー│登山日和

店員さんに確認した時は 『アークテリクスの商品で何か使ってますか?』と聞かれ『スコーミッシュです。 関節に沿ったパターンで身体の動きを阻害せず、 長時間の歩行でも疲れを感じにくいデザインなのも魅力です。

もっと

【アークテリクス アトムLTフーディ】AR?LT?どっちがいい?そして意外と難しいサイズ感

現行は トリムフィットというもの ・胸からウエスト、腰、太ももまで体全体をややスリムに裁断。 さらに、太い繊維の空間に細い繊維を這わせて温かい空気を閉じ込めます。 行動中でも休憩中でも脱ぐ必要がない快適さをうたっています。 競合アイテムとしては「パタゴニア ナノエアジャケット」があります。

もっと

Arc'teryx ATOM LT と Patagonia ナノエア を比較する

汗で蒸れてもへっちゃらです。 惹かれたのは、その見た目とレビューでの評判の良さ。 とくにEXライトダウンジャケットは放っておけば膨らむのですが、弾力がさほどないので力をかけるとペシャっと潰れます。

もっと