スパーズ 対 ピストンズ

NBA

ウエスタン・カンファレンス [ ] ファーストラウンド カンファレンスセミファイナル カンファレンスファイナル 1 4 8 1 1 ティンバーウルブズ 4 4 キングス 3 5 1 4 4 1 ティンバーウルブズ 2 5 レイカーズ 4 3 4 6 0 5 スパーズ 2 2 レイカーズ ' 4 7 1 2 4• を獲得したサンズである。 それは、スパーズのフォーメーションの動画を見た時。

もっと

スパーズ対ピストンズ始まる。 : CHIE SUZUKI HOME COURT blog

(ファイナル出場も初であった。 歴代6位タイの勝率を収めた優勝候補筆頭のマーベリックスが、シーズン最終戦で12シーズンぶりのプレーオフ進出を決めたウォーリアーズに敗れるという大事件が発生する。 さらに2017年1月10日の戦では、107-109の逆転負けを喫し、同ガードとしては以来の敗戦を喫した。

もっと

サンアントニオ・スパーズ

若手中心で再建に勤しんでいたブルズは、開幕9連敗を喫しながらもその後やらの活躍で巻き返しを演じ、7シーズンぶりにプレーオフ進出を果たした。 つまりさ、全般的にピストンズは印象が悪かった。

もっと

2004

(1984-2007) 最後の。

もっと

ティム ダンカンのことが大嫌いでした。

同じゴール下シュートでも最後まで複数人で囲みプレッシャーをかけて落ちるのを待っているスパーズに対して、ブロックに飛ぶ選手はいるけどかわされるとそれで終わりのピストンズ フリースローアテンプトも32-17とスパーズが圧倒しており、ピストンズが我慢のディフェンスが出来なかった傾向がありました。 開幕後ジノビリの利き手左手の骨折と、古傷から突然の引退などアクシデントはあったものの、ベテラン陣の安定した働きと、を筆頭に若手も順調に実力を伸ばし、ルーキーも経験不足ながら期待通りのディフェンス力を発揮し、序盤、中盤を勝率約7割で安定して乗り切った。 (ミネソタ・ティンバーウルブズ 2005)• 5 1232 2599 3831 2261 675 469 1504 2095 1983-84 82 37 45 9862 3909 7721 50. シリーズ中サンズの平均失点は109. デトロイトがリードしていた1Q。

もっと

スパーズが敵地でピストンズに勝利

NBAチャンピオンバナー は、が昨シーズンプレーオフで負傷し、北京オリンピックで、さらに悪化した左足首の視下を9月に受け、チームは73年以来の開幕3連敗をしてしまう。

もっと

サンアントニオ・スパーズ

レギュラーシーズン、プレーオフと快進撃を続けるサンズが、カンファレンス決勝ではホームでの初戦、第2戦でまさかの2連敗を喫する。 ハンマーで岩を叩き割った図柄が優勝を勝ち取った証として、チャンピオンリングにレイアウトされている。 18年連続のプレーオフ進出 [ ] 4月1日、戦に勝利し、 18年連続の プレーオフ進出と 勝率6割以上を決めた。

もっと