スバル ステーション ワゴン

【新型速報】「スバルレヴォーグ」最新の運転支援、安全装備満載で第二世代に進化した快速ステーションワゴン

東京モーターショーでのワールドプレミアに合わせたものとなっており、実際に走行するスバルレヴォーグのデザインや性能なども感じられると思います。 3インチフル液晶メーター」を搭載するなど、見所満載の新型レヴォーグ。 グレード展開はエンジン別グレード、「ディアスワゴン」、「ディアスワゴンスーパーチャージャー」。 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• ここに左右の重量バランスが均等なシンメトリカルAWDが組み合わされると安定感はより増します。

もっと

【試乗記】スバルレヴォーグ(プロトタイプ)貴重な日本向けステーションワゴンは先進のアイサイトXでアピール!

e208. ボディサイズは若干拡大された程度ですが、骨格は一新。 また燃費のいい車が多いという特徴があるので、 日常的に車を使う方にも最適。

もっと

【新型速報】「スバルレヴォーグ」最新の運転支援、安全装備満載で第二世代に進化した快速ステーションワゴン

html 車種名 スバルレヴォーグ 価格帯 291万5,000円~300万3,000円 燃費(ガソリン仕様・JC08モード) 13. インプレッサスポーツは1. 筆者はかつてアイサイトver. トヨタ・カルディナや三菱リベロ、日産アベニールやステージア、ホンダ・アコードワゴンといったライバルが次々と消えていくのを横目に、長年にわたり「ワゴンのひとり勝ち状態」を守り続けたレガシィツーリングワゴンのDNAをしっかり受け継いだのがレヴォーグだ。 子どもやお年寄りでも乗り降りがラクラク。 しかしスバルはこのジャンルのパイオニアらしく、北米のニーズに合わせボディサイズが拡大する一方のレガシィに代わって、日本で扱いやすいサイズの快速ステーションワゴン、初代レヴォーグを2014年に投入しました。 そのため「大きなワゴンが欲しい」「でも輸入車は嫌だ」という人にはぴったりだと思います。

もっと

スバル・レヴォーグだけがナゼ売れる? 人気薄のステーションワゴン市場で気を吐く理由

まさにそれらの要素は、4代目レガシィから魅力のエッセンスを抽出したように見える。 シリーズにはミツオカ初となるハイブリッド車もラインナップしており、外観はクラシックながら、中身はハイテクです。 それはワゴン前提の開発を行ったことから、セダンであってもリヤピラー周りを絞り込まない造形としたことだ。 また、フロントにしっかりとしたエンジンルームを持っているので、ミニバンのような1BOXよりも走行安定性、騒音の面で有利に働きます。

もっと

車中泊もできる!中古「ステーションワゴン」おすすめ5選

他にも、、等がありますが、スペースの全長が車中泊するには今一歩不足していると感じています。 8リッター直噴ターボエンジンを搭載し、現行モデルを超える出力と大トルクを実現。 同シリーズのガソリン車と比べると、燃料消費率は 2倍近い数値に。

もっと

ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

8Lターボエンジン 今回の試乗会は旧モデルとの比較試乗が行えました。

もっと

スバル・レヴォーグだけがナゼ売れる? 人気薄のステーションワゴン市場で気を吐く理由

トランスミッションはガソリン仕様が無断変速AT、ハイブリッド仕様が7速ATとなります。 今回、ボディカラーの一部見直しが行われた。

もっと