おとつい おととい

一昨日(おととい)

>味覚と感情は関係あるのでしょうか・・・ 味覚だけでなく、およそ六根(眼・耳・鼻・舌・意)は六情(喜・怒・哀・楽・愛・憎)の素と言われていますから。 発音の違いはあっても、基本的に同じ語が日本各地で使われていることがわかる。 +4: やのあさって【弥の明後日】 ヤノアサテの促音化。 1日目。

もっと

「一昨々日」=おとといじゃない…?読めたらスゴイ!《数字を使った難読漢字》4選

2019年7月22日に行われた吉本興業の岡本昭彦社長の会見では、彼の口から「おとつい」というフレーズが何度も発せられた。 「おとつい」は西日本や北海道を中心に各地で使われているらしいのですが、標準語的には「おととい」が正しいらしい。

もっと

【中国語単語】一昨日、昨日、今日、明日、明後日、一昨年、去年、今年・・・

一作昨日。 そんな気になる「おとつい」について、Jタウンネットは3月5日から7月23日まで「一昨日のこと、『おとつい』って言う?」(総得票数2446票)と題して読者アンケートを行った。

もっと

おとといの前ってなんですか?

(2)「一入」 「一入」の読み方は、「ひとしお」と読むのが正解です!「入」という漢字は、普段でも頻繁に目にすることがあると思います。 ただ 一般的には一昨日は「おととい」と読むときの方が多いです。 投票数は10以下だったが、奈良と和歌山でも50%を超えている。

もっと

「おととい」と言うか、「おとつい」と言うか(1/2)

日本語は実に複雑怪奇・・・!そして面白いなと思います。 「おとつい(をとつひ)」のおと(をと)には、遠という意味があり、遠方の日という意味からきているのだとか。

もっと

一昨日の読み方と意味、「おととい」と「いっさくじつ」正しいのは?

この間。

もっと