平家 物語 木曽 の 最期 品詞 分解

平家物語・巻第九(原文・現代語訳)

そのとき、 巴も鎧兜を身につけ、同行したのです。 ・せ=尊敬。 申し上げる。

もっと

平家物語の最期の木曾の次のところの品詞分解分かる方お願いします(;;)①入...

木曾三百余騎、六千余騎が中を縦さま・横さま・ 蜘蛛手 くもで ・ 十文字 じゅうもんじ に駆け割つて、後ろへ つつと出で たれ ば、五十騎ばかりになり に けり。 死生は知ら ず、 やにはに敵八騎射落とす。

もっと

日本古典文学摘集 平家物語 巻第九の四 木曾最期 原文

・けん=過去推量連体。

もっと

古典の敬語について教えてください!高1で「木曾の最期」今井四郎、木曾殿、た...

4 「御身もいまだ疲れさせたまはず」と言った理由は。 ・手=傷。

もっと

平家物語『木曾の最期』(2)解説・品詞分解

もっと

木曽の最期品詞分解現代語訳敬語助動詞(4/10ページ)

~するな。 その兼遠の子供たちの中に、「平家物語」の「木曾の最期」で最期まで義仲に付き添う 「今井四郎・巴御前」兄妹がいました。 功労者のはずが追われることに? 木曽義仲は、「平家物語」前半のヒーローの1人です。

もっと