ぎ ゆ むら

マックスむらいD2C事業のオンラインショップ「友竹商店」を開設! 「竹炭」のテスト販売を開始! | ガジェット通信 GetNews

関東農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」優良事例選定地区 全国で選定された地区以外にあっても、関東農政局管内には数多くの優良事例があり、このような事例を発信することにより、より身近な手本として活用されることが期待できます。 40歳くらいで老眼になり、他の漫画家に倣って、拡大できるデジタル作画に移行した。 受賞作『きょうの出来事』でデビュー。

もっと

#おりむらトレンド入りチャレンジ X 太鼓

「つけそば むらじ」では、つけそばの味を最大限にお楽しみ頂けるオリジナルのトッピングをセットにしてご提供いたします。 このため、関東農政局版の「優良事例」を選定し、地域活性化等に取り組む優良事例として広く発信することにより、意欲ある地区の取組の推進と横展開を図るとともに、選定地区の更なる取組の躍進に資するため 令和元年度「関東農政局ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として10地区の優良事例を選定しました。

もっと

むら

YouTubeチャンネル「マックスむらい SEASON2」と「AppBankTV」では、 マックスむらいが静岡県の山を一から開拓、 整備する様子や、 キャンプをする様子などを配信している。

もっと

すぎむらしんいち

今年度は、11月4日に全国で28地区及び4名の優良事例が選定されました。

もっと

#おりむらトレンド入りチャレンジ X 太鼓

引き続き、関係自治体と連携し、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を確実に行います。 そのなかで、マックスむらいが実際に収穫を行なった、提携先の農と食のプラットフォームを運営する一般財団法人 興農学園の「理事長の農場「小坂農園」で取れた蜜たっぷりりんご(6,300円・税別)」と、山で採れた竹を、何度も失敗を繰り返しながらようやく製造に成功した最初の竹炭を記念品として販売する「【初回限定版】祝成功!はじめての竹炭メモリアルセット【現在未完】(3,000円・税別)」のテスト販売を実施、いずれもすべて完売いたしました。 このため、今回から新たな取組として関東農政局版の「優良事例」を選定し、地域活性化等に取り組む優良事例として広く発信することにより、意欲ある地区の取組の推進と横展開を図るとともに、選定地区の更なる取組の躍進に資するため 「関東農政局『ディスカバー農山漁村(むら)の宝』」として12地区の優良事例を選定しました。

もっと

「祇園麺処むらじ」の新店「つけそば むらじ」が京の台所・錦市場にオープンいたします。

AppBank株式会社は、 11月22日にマックスむらいD2C事業のオンラインショップ「友竹商店」を開設、 テスト販売として、 YouTubeチャンネル「マックスむらい SEASON2」と「AppBankTV」の山企画のなかでマックスむらいが実際に収穫した、 一般財団法人興農学園の「理事長の農場「小坂農園」で取れた蜜たっぷりりんご」のテスト販売を行った。 今後は一期一会的な商品ももちろんラインナップされますが、できれば長くリピートされ、愛される商品の開発、生活を豊かにするような商品の開発を行っていきたいです。

もっと

#おりむらトレンド入りチャレンジ X 太鼓

キャッチフレーズ 団体名及び個人名 都道府県 1 みかん農家とパティシエの連携で地域活性化 一夜城ヨロイヅカファーム・マルシェ部会 神奈川県 2 りんご産地と廃校に希望を灯すシードル醸造 北信五岳シードルリー株式会社 長野県 3 キャンプ場でつなぐ、人と山との豊かな関係 有限会社きたもっく 群馬県 個人部門 No. 」「女性店主だからこそできる、おもてなしがしたい。 むらじ王道の看板メニュー「鶏白ラーメン」をはじめ、メディアで取り上げて頂く機会も多く、麺処むらじの代名詞ともいえる「檸檬ラーメン」、多くの固定ファンを獲得し、毎年発売を心待ちにされている「酒粕ラーメン」など沢山の代表的なメニューの中で、地域のお客様、常連のお客様にご贔屓頂いている隠れた人気メニューに「むらじのつけそば」があります。

もっと

ディスカバー農山漁村(むら)の宝:関東農政局

京都らしい風味豊かな逸品となっております。

もっと

むら

なお、活動の概要・成果等は、応募用紙等から農政局が独自に取りまとめたものです。 キャッチフレーズ 団体名及び個人名 都道府県 1 地域コミュニティの拠点となる直売所 栃木県 2 築こう!「農村・生き物・水管理」社会 栃木県 3 体験活動で地域を元気に! 千葉県 4 憧れの「農」ある暮らしを楽しみませんか 東京都 5 女性が牽引する農業の6次産業化 山梨県 6 「人と人とのつながり」そんな地帯那 山梨県 ビジネス部門 No. 引き続き、関係自治体と連携し、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を確実に行います。 さらに、テスト販売のみに留まらない、安定的な生産・供給を目指し、様々な商品も現在企画・開発中です。

もっと