三波 石 峡

群馬県

登仙橋より神流川に沿って市道を進むと三波石峡が時折うかがえます。 这主要是由于岩层中发育了宏大的垂直的构造裂隙 节理 经物理风化,岩层就顺着这些节理垮塌,间歇性洪水冲刷谷底及侵蚀两壁,使垂直地面的裂隙不断扩张形成十分狭窄的嶂谷,"一线天"就是嶂谷形成的初期阶段。 現在は天然記念物として保護され、石の採集は禁止されています。

もっと

三波石峡の変遷

主要是由于岩层中发育了多组垂直裂隙,垮塌后形成岩柱,在经球状风化和物理风化形成观音的头和脖子,因为走到这里我们必须回头才能一睹观音的芳容,故成"回首观音",在这里我们可以双手合十虔诚的拜一拜观音。 被誉为"天下第一峡"的百里峡是野三坡独具特色的景区之一。 节义风高,文章魁选,乡有硕德之良,壶有女宗之范,既文且质,亦典亦华,洵风雅之林也。 夫学所以传道受业解惑也。

もっと

清流に癒されます

进士人品,盖所不论。 真面目に歌っているので前からも見てあげましょう。 安得而无述,故并书以镌石。 明道以淑人,师儒之善教也。

もっと

三波石峡

どの石の由来にも それぞれストーリーがあり、 ひとつひとつ探ってみるのもいいですね。 テレビや写真のようなメディアのない江戸時代の人々が感じた世界を想像しながら散策してみてください。 左奥は南側に見えるのですから城峯山でしょうか。 时正德十有六年三月丁丑进士淳安县知县蕲州南厓高鹏撰文,县丞李才篆额,主簿胡琬书丹,典史吴鸣凤立石 明姚鸣鸾《祭三元祠祝文》 嘉靖某年月日,知县姚鸣鸾谨以牲醴庶羞致祭于宋状元蛟峰方先生、榜眼警斋黄先生、探花潜斋何先生之祠而言曰:恭惟有宋隆盛,英才辈出,溯其源流,远有端绪。

もっと

三波石峡の変遷

爰辟草莱,起仆石,一镌洗而新之。 幸運を祈るのみです。 公即命邑长董其事。 古意复振,书院悉用武夷规模,置居仁、由义、复礼、近智四斋。

もっと

【三波石峡】アクセス・営業時間・料金情報

道の駅「上州おにし」の先で「城峯公園」の案内に従い左(東)側、川沿いの細い県道に入り南下します。 造物者之无尽藏也,须富贵乎何有,大抵富贵人不复能贫贱,脱筒难于生割耳。

もっと

【携程攻略】野三坡百里峡景点,景区不错 索道太坑!

示不忘祖,亦志乐云。 果尔,则笃恩于家,即可隆恩于国。 又若唐时少室山人矢节高隐,后朱子因其处建白鹿洞,主讲其中,而其人与地亦遂与考亭并著焉。

もっと

群馬県

井田、学校之设,先王君师,天下之道,盖如此。 彼夫简而备,严而有体法之良者,非谱例乎。

もっと

上毛かるたにも読まれる「三波石峡」は大自然あふれる秘境の地

三波石の巨岩や奇岩と周囲の樹木が織りなす景観は、まさに自然がつくりだした芸術です。

もっと