白人 ナショナリズム

じじぃの「歴史・思想_385_白人ナショナリズム・日本への原爆投下」

ではなく、ズムが私たちの信条になるでしょう」 (全国大会における指名受諾演説、二〇一六年七月) 「米国は米国人によって統治されます。

もっと

白人ナショナリズムの心理学|佐久間裕美子|note

アンティファのメンバーに尾行された参加者もいるという。

もっと

白人ナショナリズム アメリカを揺るがす文化的反動

自分たちは何も言う権利がないのか?というわけです。 5月下旬にを上梓した。 まるで映画のような話だが、二人の和解と友情は実際ににもなっている。 Great replacement(壮大な乗っ取り) You will not replace us. 前回のアメリカ大統領選ではトランプを熱心に支持した人もいれば、迷った末に投票した人もいた。

もっと

白人ナショナリズム

社会の閉塞感が強まるなか、民族・文化の多様性が大きな魅力だった移民大国アメリカはどこへ行くのか。 反共、反多文化主義、反ポリティカル・コレクトネスといった旧来の保守と共通する性格の一方、軍備拡張や対外関与、グローバル資本主義を否定する。 権威主義、とは国家主義、宗教主義、共同体主義、人種主義などいろいろな思想が入り乱れるが、結果としていままでの米国において主流となったことはないし、米国人の大半にとって忌むべきもの、不当なものと考えられてきた。 アフリカのとを訪れた際、二国の経済成長に差があることに驚愕します。

もっと

トランプは俺たちを裏切った 白人ナショナリストの憤慨

私がこの本を読み終え、記事を書いているうちに、カでは白人警官の黒人への取り抑えが発端となり、大規模な示威運動が始まり、暴徒化した群衆が警察署を焼き払い、やの服飾を強奪する事態にまで発展しています。 「文化戦争」化するアメリカ社会 しかし、話はそう単純ではない。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 白人ナショナリストの論理と心理(『アメリカン・ルネサンス』/まるで学会のような雰囲気 ほか)/第2章 デヴィッド・デュークとオルトライト(デヴィッド・デュークとの会話/「白人の公民権運動」 ほか)/第3章 白人ナショナリズムの位相(白人ナショナリズムの起源/クー・クラックス・クラン ほか)/第4章 白人ナショナリズムをめぐる論争(なぜ白人ナショナリストになるのか/リベラル派の欺瞞 ほか)/第5章 白人ナショナリズムとグローバル・セキュリティ(グローバル化する白人ナショナリズム/濃密な人的ネットワーク ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 渡辺靖(ワタナベヤスシ) 1967年(昭和42年)、札幌市に生まれる。 だけど、日本人に生まれたことは、偶然であり、自分が達成したことではないのだ。

もっと

黒人によるデモが起こるアメリカで 流行している白人ナショナリズムとは何か?

マイノリティに対して攻撃的でないだけで、言っていることは至上主義とあまり変わらない。

もっと

”白人ナショナリズム - アメリカを揺るがす文化的反動” について

オバマ前大統領が、熱心に「不満を言うよりも、投票しよう」と若者に呼びかけていますが、どれだけ若者層の投票率を伸ばせるか、腕の見せどころです。 外交問題と言えるかはわかりませんが、バイデン氏の次男ハンター・バイデン氏が中国でビジネスをした際に、中国企業と癒着していた、それを当時の副大統領だったバイデン氏が後押ししたといった情報を流して、「中国に甘く、身内を利するために動いたバイデン」というレッテル貼りを狙う可能性もあります。

もっと

白人ナショナリズムの心理学|佐久間裕美子|note

意外なことに、これらの白人には日本人に好意的な人物が少なくない。 ブルームバーグ氏は、全米や接戦州での選挙広告に莫大なお金を使うのではなく、フロリダ州の、それもヒスパニック層を狙って、ピンポイントで資金を投入している。 引用します。 もうすでに場外戦に持ち込もうという戦略で、布石を打っています。

もっと