憲法 9 条 解釈

憲法9条改正の是非 ~解釈問題を中心として~|shoro|note

となれば「国家として交戦権とは別に『防衛権』は有るのではないか?」という解釈も出てくるわけです。 特に憲法9条は自衛隊が実存する問題を含めて、解釈論が激しいといえます。 「立憲主義と日本国憲法」有斐閣、2005年(p. そして、いかなる形態の政府であれ、政府がこれらの目的に反するようになったときには、人民には政府を改造または廃止し、新たな政府を樹立し、人民の安全と幸福をもたらす可能性が最も高いと思われる原理をその基盤とし、人民の安全と幸福をもたらす可能性が最も高いと思われる形の権力を組織する権利を有する」。

もっと

集団的自衛権をめぐる憲法9条の解釈の変遷

監修「注釈憲法 第1巻」有斐閣、2000年(p. 衆議院の本会議で憲法草案が可決される前に、衆議院の小委員会で若干の修正が加えられているからです。 憲法9条は憲法9条だけで日本国憲法の第2章を占めています。 正当防衛権を認むるということそれ自身が有害であると思うのであります」等と述べて、自衛戦争を否定するのみならず自衛権までも否定するような語勢にて答弁をした。 監修「注釈憲法 第1巻」有斐閣、2000年(p. 従つて現行憲法のもとで、わが国が自衛権を持つていることはきわめて明白である。

もっと

いまさら聞けない「憲法9条と自衛隊」~本当に「憲法改正」は必要なのか?(木村 草太)

「現代法双書 新現代憲法入門」法律文化社、2004年(p. 655)• 26 自民党憲法改正推進本部 憲法改正「条文イメージ」提示 H30. つまり、(国民の生命・国の存立よりも、憲法に書かれてあることを守れ)というのです。 田辺勝二『憲法大要 学説・判例付』高文堂出版、1983年、275頁• 第2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

もっと

いまさら聞けない「憲法9条と自衛隊」~本当に「憲法改正」は必要なのか?(木村 草太)

日本国憲法 第二章 戦争の抛棄 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 憲法典の審議過程で追記を入れた芦田均のみならず、当時のGHQ関係者も、自衛権の留保が2項にも働く、という解釈を持っていた。

もっと

憲法9条とは?わかりやすく解説。改正や自衛隊の解釈について。

外国の武力攻撃を排除するには、外国に対する実力行使すなわち武力行使が必要になる場合もあろう。 14 安全保障法制改定法案閣議決定 安全保障法制改定法案に反対する会長声明 H27. (8)憲法改正手続法 憲法改正のための国民投票に関する手続を定めるものとして平成19年5月に憲法改正手続法が成立し、平成22年5月に施行された。 (昭和60年)9月27日、森清衆議院議員提出憲法第9条の解釈に関する質問に対する政府答弁書• 遡及効の否定。

もっと

憲法9条の「戦争放棄」解釈における3つの学説の違いとは?

1999年:アメリカ軍のお手伝は、オッケーにします! 1999年には、北朝鮮や中国の脅威に備え 「周辺事態法」を作り、日本近辺での自衛隊によるアメリカ軍への支援を許可しました。 憲法9条 では、憲法9条はどの様に曖昧なのでしょうか? まずは憲法9条を条文ママでみていきましょう! 憲法9条(そのままVer. 例えば、殺人罪です。 野中俊彦・高橋和之・中村睦男・高見勝利『憲法(1)第4版』有斐閣、2006年、172頁参照• そしてそれは、必ずしも原判決のいうように、国際連合の機関である安全保障理事会等の執る軍事的安全措置等に限定されたものではなく、わが国の平和と安全を維持するための安全保障であれば、その目的を達するにふさわしい方式又は手段である限り、国際情勢の実情に即応して適当と認められるものを選ぶことができることはもとよりであつて、憲法九条は、わが国がその平和と安全を維持するために他国に安全保障を求めることを、何ら禁ずるものではないのである。

もっと

憲法学者による9条と13条の倒錯的な理解:9条解釈論その6

「第十九回国会衆議院内閣委員会会議録第二十八号」• 下級裁においては長沼ナイキ事件(札幌地裁)、航空自衛隊イラク派遣違憲訴訟(名古屋高裁)の2例がある。 そして時代は降り、その後、国際社会の一員として種々の恩恵を受け、高度経済成長期を経て完全に敗戦から立ち直って経済大国になったにもかかわらず、湾岸戦争では資金提供のみで済ましたことから国際社会から非難されたわけです。 戦力の不保持• そもそも人民が、自分たちの権利をよりよく守るために政府を設立する契約を結ぶ「信託」行為=社会契約論を、立憲主義の礎の「原理(principle)」として掲げないで、いったい何を立憲主義の原理とするというのだろうか。

もっと

集団的自衛権をめぐる憲法9条の解釈の変遷

13 憲法改正手続法改正法成立 改めて憲法改正手続法の見直しを求める会長声明 H26. (アイキャッチ画像も同記事より:編集部) しかし、憲法を前文からきちんと読めば、事情が逆であることがわかる。 「交戦権」は、現代国際法では意味をなさない。

もっと