岩渕 敬介

現場医師の報告・新型肺炎「重症化」の苦しみ〈治療法を探してもがき続けた〉/岩渕敬介――文藝春秋特選記事【全文公開】(文春オンライン)

自分たちの感染の危険性を冒しながら診療を続けていかなくちゃいけない。 その代わりに臨床的改善という指標を用いていますが、これも当初予定されていた160人では症例数が足りないということで最終的に199人を登録して有意な差はないという結論になっています。 18-19 守谷崇君が第4回グローバルCOEサマースクールシンポジウムで 口頭発表賞を受賞しました。 /文・岩渕敬介(神奈川県立足柄上病院医師) 一気に重症化 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は重症化すると、重い肺炎を起こして亡くなるケースが多数報告されています。

もっと

栄養管理・摂食・嚥下 医療レポート足柄上病院シリーズ㉘ 「食べる」ことの話 取材協力/県立足柄上病院 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

しかし、ホテルなどの宿泊施設の確保や、対応するスタッフの感染予防の徹底、さらに症状悪化をいち早くとらえることができるか、といった課題もある。 19 笹野裕介助教が 第12回 薬学研究科長賞を受賞しました。

もっと

東北大学大学院薬学研究科 分子制御化学講座 合成制御化学分野HP

当院の総合診療科では、内科系の疾患に関しては臓器に偏ることなく満遍なく扱えることを理想として、脳神経内科・循環器内科とも協力して全人的医療を実践することを目標に診療に当たっています。 しかし、そこはそこで、当然自分たちの病院のシステムを変える、大きく変える、しかも 感染症の専門医が1人もいない状況でアドバイスを受けながら。

もっと

新型コロナ肺炎に朗報、専門医も期待を寄せる「オルベスコ」の効果 (2ページ目):トピックス:日経Gooday(グッデイ)

そうなると当院も当然人工呼吸器を追加で発注したりしていますが、それが足りなくなったときに呼吸器自体をつけるかつけないかという選択をしなければならない。 何を目指すのかを説明する必要があると思います。 2月5日に2名の感染者を受け入れたのを皮切りに、7日に1名、11日に2名、16日に3名、と立て続けにクルーズ船の感染者が搬送されてきました。

もっと

「まさに大混乱の中で受け入れを開始」コロナ治療最前線の医師が語る神奈川の今|ニュースが少しスキになるノート from TBS|note

「発熱、全身倦怠感」から「呼吸不全」に移行するのにかかる期間は1週間から10日程度。

もっと

病棟&在宅の栄養管理に役立つ!患者さんの状態を把握するためのプラクティスガイド NO.4 症候編(2)呼吸障害と呼吸療法

「光親和型小分子固定化アフィニティー樹脂の反応性解析」 2014. 3 澁谷正俊助教が平成23年度 日本薬学会東北支部奨励賞を受賞しました。

もっと