中央 三井 信託 銀行 合併

中央三井信託銀行

6月29日 - 中央三井信託銀行株式会社がさくら信託銀行株式会社の全株式を株式会社から譲り受ける。 信託業務の兼営の認可を受けた金融機関は「信託」を称することはできるが、これを称する義務まではないため、「信託」を称さない銀行その他の金融機関の中にも信託業務の兼営の認可を受けた者は存在し、本稿においてはこれらについても言及する。

もっと

システム統合に関する重要なお知らせ

昭和23年8月 住友信託株式会社、社名を富士信託銀行株式会杜に改称し、普通銀行業務を開始。

もっと

三井住友信託銀行株式会社

1998年10月 - 北海道拓殖銀行(経営破綻)の本州地区の営業を譲り受ける。 10月1日 - 株式会社と、 株式会社が合併し、 株式会社となり、三菱UFJ信託銀行はその傘下に入る。 に制定されたにより、銀行と証券会社の業際が分離することになり、のアンダーライティングを主要業務の一つとしてきた信託会社にとっては引き受けた戦時国債等の無価値化や戦後の大幅なインフレによる受益資産の運用悪化と共に経営環境の悪化の一因となった。

もっと

三井住友信託銀行株式会社

6月1日 - あおぞら信託銀行が 株式会社と改称。

もっと

中央信託銀行とは|金融ブランド事典

中央三井信託銀行株式会社、中央三井アセットマネジメント株式会社と中央三井キャピタル株式会社を持株会社である中央三井トラスト・ホールディングス株式会社の直接出資子会社に変更。 旧ロゴマーク そして翌年2月には、中央三井信託銀行が会計上の理由からとなったため、株式のすべてを新設したである 三井トラスト・ホールディングスに譲渡し、持株会社の直接の子会社たる 三井アセット信託銀行株式会社(当時)となり、変更した。 ちなみに、現在見られるような銀行業務を併営する信託銀行が登場するようになったのは第二次大戦中以降である。

もっと

中央三井アセット信託銀行

3月12日 - みずほアセット信託銀行株式会社を存続銀行としてみずほ信託銀行株式会社 旧 と合併し、 株式会社 新 と改称。 6十億円 従業員数 651人(2011年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 株式会社 100% 特記事項:末時点での指標。

もっと

信託銀行

信託銀行の資産状況は劇的に変化していた。 0126 (福島県)• 結果、昭和初期には50社近くあった信託専業会社は、終戦時には住友信託・三菱信託・川崎信託・三井信託・安田信託・・第一信託の7社にまで減少した。

もっと

中央三井アセット信託銀行

昭和24年5月 富士信託銀行株式会社、大阪証券取引所及び東京証券取引所に上場。

もっと