農業 委員 会 等 に関する 法律

農業委員会等に関する法律が改正されました/加古川市

第五章 第五十九条 102• 法規篇• 一方、農業委員会については、組織のスリム化と設置・運営に係る市町村の裁量の拡大が強く求められているところであり、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2003(平成15年6月27日閣議決定)」において、必置基準面積の大幅な引上げや選挙委員の法定下限定数の引下げ等を行うこととされたところである。 5 選挙委員の解任方法の見直し (1)従来、農業委員会の選挙委員に対する解任請求制度については、小作農の選挙委員を不当な解任請求から保護し、小作農の立場を保護・強化する観点から、委員全員を対象に解任を請求する仕組みとされていた。

もっと

農業委員会等に関する法律の一部を改正する法律案

2 この法律の施行の際現に在任しているこの法律による改正前の農業委員会等に関する法律第十二条第二号の委員は、新法第十二条第二号の規定にかかわらず、その任期中に限り、なお在任するものとする。 たとえば、農地法において、農地を農地以外の用途に転用するには都道府県知事等の許可が必要となりますが、それを許可する場合に農業委員会はあらかじめ都道府県農業会議の意見を聴くこととされている(30アール超の転用については必須、30アール以下についても意見聴取が活用できる)などの業務です。 第二章 第三十条 議決の方法 67• しかしながら、今回の解任請求制度の見直しに伴い、特定の選挙委員を対象に解任請求をすることができることとされたことから、選挙委員の解任請求をすることができない期間の起算日については、請求の対象である個別の委員の選挙(一般選挙又は補欠選挙)の日を起算日とすることとされた(法第14条第4項)。 H28. 附 則 (昭和六〇年七月一五日農林水産省令第三二号) この省令は、公布の日から施行する。

もっと

農業委員会とは

)において、委員の少なくとも四分の一を認定農業者等又は前号イからヌまでに掲げる者とすることについて当該市町村の議会の同意を得たとき。 (政令への委任) 第四条 この附則に規定するもののほか、この法律の施行に伴い必要な経過措置は、政令で定める。 このため、特定の選挙委員を対象に解任請求ができることとされたところである(法第14条第1項)。

もっと

概要

これが、この法律案を提出する理由である。

もっと

農業委員会法の解説 (全国農業会議所): 2016|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

(農業委員会の委員に関する経過措置) 第二条 この法律による改正後の農業委員会等に関する法律(次項において「新法」という。 )に基づき、次の3つの組織で構成されています。

もっと

農業委員会等に関する法律の一部を改正する法律の運用について(昭和29年6月30日):農林水産省

一 定款 二 登記事項証明書 三 農業委員会ネットワーク業務の実施に関する計画として組織及び運営に関する事項を記載した書類 四 申請の日の属する事業年度及び翌事業年度における事業計画書及び収支予算書であつて農業委員会ネットワーク業務に係る事項とそれ以外の業務に係る事項とを区分したもの 五 役員の氏名及び略歴を記載した書類 六 指定の申請に係る意思の決定を証する書類 七 その他参考となる事項を記載した書類 (名称等の変更の届出)第十七条 法第四十二条第三項の規定による届出をしようとする機構は、次に掲げる事項を記載した書類をその指定をした農林水産大臣等に提出しなければならない。 (3)また、選挙委員全員を対象に解任を請求する仕組みの下では、選挙委員の解任請求は、その対象である選挙委員が無投票で当選人となった場合を除き、その選挙委員の一般選挙の日から6カ月間は行うことができないとされていた。

もっと

農業委員会とは

なお、2015年(平成27)の改正法では、改善意見を提出された関係行政機関は、その意見を考慮しなければならないこととなっており、農業委員会が提出する意見については、「農地等の利用の最適化の推進に関する施策に関わる農業・農村の問題を幅広くくみ上げた現場の意見が反映されるようにすること」との参議院の附帯決議があります。 附 則 (平成一三年一月一八日農林水産省令第二九号) 1 この省令は、公布の日から施行する。

もっと

農業委員会等に関する法律の改正について

)又はこの法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の行為 (以下この条において 「申請等の行為」という。 第七章 第十三節 農地中間管理事業の推進に関する法律の制定と農業委員会の役割 198• )は、公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。 )並びに第472条の規定 (市町村の合併の特例に関する法律第6条、第8条及び第17条の改正規定に係る部分を除く。

もっと