意 に 反する

【意に反すること】の例文集・使い方辞典

申込みの最終段階の画面上において、「変更」「取消し」といったボタンが用意され、そのボタンをクリックすることにより訂正できるようになっている場合。

もっと

ガイドライン|通信販売|特定商取引法ガイド

… 奈須きのこ『歌月十夜 21 胡蝶の夢』 より引用• (委託を受けない保証人の求償権) 第四百六十二条 第四百五十九条の二第一項の規定は、主たる債務者の委託を受けないで保証をした者が 債務の消滅行為をした場合について準用する。 私的改変を禁止する権利もあり、私的改変を惹起するツールの提供は不法行為として問うことができる。 しかも、ベルヌ条約では名誉声望を害する恐れのある改変からの保護を規定しているのに対し、日本の著作権法では、改変が名誉声望を害するおそれがあることを同一性保持権侵害の要件としておらず、単に改変等が著作者の意に反することを要件としている。 (参考:)• いいかえれば、天皇は折にふれての感想や意見をのべることがあっても、自発的に決定または命令を下すことはなかった。

もっと

【意に反すること】の例文集・使い方辞典

また、映画のビデオ化、テレビ放送のさいに、画面の左右をトリミング(切除)する行為も本号に該当します(東京高判平成10. そして、この件はおそらく最初のうちはきわめて小さなものだったのでしょうが、ソルディーニ氏のようなお役人たちの熱心さによって、大きなものとなってしまいました。 なお、本号は「建築の著作物」ではなく「建築物」との文言が使用されており、したがって、一般の建築物の増改築などにおいても適用されると解釈することが可能です(前掲・400頁)。

もっと

「意に反する」とは?意味や使い方を解説

私はその数箇月前に既に母の意に反した結婚をしてしまっていた。 「犯罪に因る処罰の場合を除いて」 は苦役を課せられることはありませんが、公共の福祉による制約を受ける こともあり得るということです。 絶対的禁止ですから、 を根拠とする奴隷的拘束もありえません。

もっと

「平均的な労働者」が感じるセクハラとは何か?「ハラミ会」問題の本質は、男女間の不信感にある

1)定義 同一性保持権とは、 著作物やその 題号(タイトル)について、著作者の 意に反して、これらの改変を受けない権利のことをいいます(20条1項)。 (連帯債務者間の求償権) 第四百四十二条 連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たときは、その連帯債務者は、その免責を得た額が自己の負担部分を超えるかどうかにかかわらず、他の連帯債務者に対し、その免責を得るために支出した財産の額(その財産の額が共同の免責を得た額を超える場合にあっては、その免責を得た額)のうち各自の負担部分に応じた額の求償権を有する。 18条【奴隷的拘束及び苦役からの自由】 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。 「 」(平成18年厚生労働省告示第615号):指針• ただし、ユーザーが、ゲームソフト内の主人公のパラメータやストーリーを変動させる特殊なデータが入ったメモリーカードを購入して使用する行為は、同一性保持権の侵害にあたるとした判例があります(最判平成13. 「意に沿わない」という言葉の意味は、 「自分の意志・意図・希望とは異なっていること」や 「何かに対して納得いかずに面白くない」になります。

もっと

【意に反すること】の例文集・使い方辞典

)をしたときは、その保証人は、主たる債務者に対し、そのために支出した財産の額(その財産の額がその債務の消滅行為によって消滅した主たる債務の額を超える場合にあっては、その消滅した額)の求償権を有する。 Windows用のソフトをMacintoshで使えるようにする行為や、バグを取り除く行為(デバック)などがあげられます。

もっと

ガイドライン|通信販売|特定商取引法ガイド

申込みの最終段階の画面上において、「変更」「取消し」といったボタンが用意され、そのボタンをクリックすることにより訂正ができるようになっている場合。 第一号(申込みとなることの表示)について この条文の第一号は、インターネット通販において、あるボタンをクリックすれば、それが有料の申込みとなることを、消費者が容易に認識できるように表示していないことを規定するものです。 「意に反する」 意に反するというのは自分の意思や好みに合わない状況になっている様子を指しており、 「意に反して」といった用言を修飾する形になることもたくさんあります。

もっと

【意に反すること】の例文集・使い方辞典

なお、解約条件等の定期購入契約の主な内容に商品の引渡時期が密接に関連する場合は、各回ごとの商品の引渡時期も含まれる。 マンガ『モトカレマニア』 瀧波ユカリ著 に登場するもので、現実に存在するものではない。

もっと