コロナ 妖怪 アマビエ

妖怪アマビエでコロナ封じ? 「写して人に見せなさい」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

今も全国各地に当時の情報記録集(風説留)が伝わり、その中に予言獣の姿が書き留められている。 なぜ、令和の人々はアマビエに魅かれるのか、そして予言獣とは?兵庫県立歴史博物館の妖怪博士に話を聞いた。 その姿を写した絵には、疫病除けのご利益があるとされています。

もっと

「疫病退散」の妖怪人気 江戸時代と心理同じ?―新型コロナ:時事ドットコム

そして、コロナウイルスがさらに拡大し本格的に外出自粛に徹する方も増えてきた今日この頃。 巨大アマビエで多くの人がつながることは、今年しかできないことだと思っています。 福井県立図書館所蔵の江戸時代の書籍にもアマビコのことが記されている。

もっと

アマビエブームで見逃されたこと 民俗学者が書く「物言う魚」の本質

政治や災害など多様な情報を得るため、地方の豪農商や村の知識人までもがこぞって風説(情報や噂)を書き写した。

もっと

コロナ禍で注目「アマビエ」 熊本の妖怪ではなかった? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

イベントは、感染拡大防止のため様々な措置を取ったうえで開催されます。 福岡市天神の喫茶ギャラリー「サナトリウム」で3月19~31日に開かれた「アマビエ展」には、ツイッターで作品を公開しているプロ、アマチュアの作家によるアマビエのイラストや立体作品が展示された。 その後、コレラが蔓延した甲斐国ではヨゲンノトリを魔除の札として活用したり、疫病退散を祈る祈祷や祭礼が盛んに行われたそうです。 漫画に描かれている通り、「病気が流行することがあれば、私の姿を絵に描いて人々に見せよ」と告げたとされています。

もっと

コロナ禍で注目「アマビエ」 熊本の妖怪ではなかった? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ヨゲンノトリ。 中之島には、中央公会堂や中之島図書館など、重要文化財にも指定された建造物があり、それらの建造物をプロジェクションマッピングを行うなど、個性あふれる光のプログラムを開催します。 死ぬまでの間、さまざまな出来事を予言をするといわれ、その内容は必ず当たるという言い伝えもあります。

もっと

「疫病退散」の妖怪人気 江戸時代と心理同じ?―新型コロナ:時事ドットコム

新型ウイルスの影響で幼稚園が休みになった子どもの世話に追われ、自宅での仕事に影響が出ているといい、「騒動が少しでも早く収まってほしい」と話した。 コロナ禍の終息を願い、福井県の福井市清水西公民館で11月29日、疫病をはらうとされる妖怪「アマビエ」のイルミネーションの点灯式があった。 明治初期にコレラが流行した際にはアマビコの護符が販売されるなど、アマビコと疫病のつながりを伝える記録も数多い。 魚を捕らえて帰る途中、怪しいことが起こって復讐(ふくしゅう)を受ける「おとぼう淵」をはじめ、物言う魚伝承は「魚が水の霊の仮の姿である」という信仰があったことを物語っている。

もっと

妖怪アマビエ、疫病よけで話題沸騰 コロナ沈静化願いネットで注目集める

アマビエは人々に未来の予測を告げる『予言獣』という妖怪に分類され、予言獣には他にも女性の顔に竜の体、剣の尾を持つ『神社姫(じんじゃひめ)』、人の顔を持つ牛『件(くだん)』などがいます。 茨城県の村松山虚空蔵堂は、平安時代に空海(弘法大師)によって創建された寺院です。

もっと