ヘイ スタック カルホーン

スカル・マーフィー

東京スポーツの昭和38年5月1日号からは「Wリーグ成績表」が載り始めた。 10月26日にはにて、力道山とのシングルマッチも行われている。 10月にはのにて、エイブ・ジェイコブズ(アベ・ヤコブ)と組んでWWAインターナショナルTVタッグ王座を獲得している。

もっと

カルホーン対鈴木の公式戦は2回行われたのか

エピソード [編集 ]•。 第12回には、ザ・コンビクトという、ジャイアント馬場より大きいという囚人服のレスラーが来日。

もっと

カルホーン対鈴木の公式戦は2回行われたのか

6月にもジョナサンとのコンビでジ・アサシンズを破り、再び同王座を獲得した。 50年代後半にデビュー。 ミスター・アトミックは、第4回ワールドリーグ戦にも参加している。

もっと

スカル・マーフィー

思うに、悪役は、長くそのテリトリーにいてはだめである。 『』昭和38年14号「プロレス悪役物語 ヘイスタック=カルホーン」(文:)(1963年、)• 昭和38年に開催された第5回ワールドリーグ戦において、マンモス鈴木対ヘイスタック・カルホーンの公式戦が二度行われたとの情報がある。

もっと

カルホーン、シリーズ初めてのフォール負け

2本目は、このシリーズ2度目になるが、馬場がカルホーンにフォールを取られた。 力士の方と食事をしたことはありませんがプロレスラーの方とは何度も食事をしたことがあります。 第13回(昭和46年)と第14回(昭和47年)の大会はルールとして2回総当たりが決められていたが、それ以外の大会は基本的に1回しか行わないことになっていたはずだ。 (東京スポーツ、昭和38年4月9日付第1面、国立国会図書館東京本館所蔵) 次に4月16日の試合結果を見てみる。

もっと

ヘイスタック・カルホーンとは

死因は心臓発作と報じられたが、睡眠薬の過剰摂取 による服薬自殺ともいわれている (日本ではノイローゼによるピストル自殺とされている )。 55歳没。

もっと

カルホーン対鈴木の公式戦は2回行われたのか

その巨体で数々の逸話を残したが、晩年は150㎏まで体重が落ちた。 なお、このシリーズには後にWWWFでメイビアのを務めるも来日しており、本国ではベビーフェイスのカルホーンも仇敵ブラッシーをマネージャー役にしてを演じた。 にはが運営していたのWCWに揃って遠征し、タッグ戦線を席巻した。

もっと

カルホーン対鈴木の公式戦は2回行われたのか

『16文が行く(新装版) 』P212-215(1999年、ダイナミックセラーズ出版、) 外部リンク [ ]• で「ヘイスタック・カルホーン 食事」で検索したら、興味深い記事がありました。

もっと