コナン ドイル 作品

『赤毛組合』のあらすじや感想、内容を解説!作者コナン・ドイルもお気に入りの名作短編!

9 創元版に関する備考 [ ] 他の訳者でドイル傑作集全5巻と、『勇将ジェラール』、SF小説等が計全10巻ある。

もっと

アーサー・コナン・ドイル おすすめランキング (502作品)

2015年2月16日アップ ) 追記:2018年11月20日 解説1:「伝書鳩」と「ホームズとワトスンは腕を組んで歩いたのか」について 2019年7月4日アップ) 1882年 Bones, The April Fool of Harvey's Sluice 冒険 《デカ骨》 小池滋監訳『 コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』 中公ノベルス 副題:ハーヴェイズ・スルースのエイプリル・フール 2015年2月27日アップ Our Derby Sweepstakes 求愛小説 コミカル 《わが家のダービー競馬》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:』 中公ノベルス 2015年3月10日アップ That Veteran 冒険 《老兵の話》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』 中公ノベルス 2015年4月4日アップ My Friend the Murderer 恐怖 《我が友、殺人者》 笹野史隆訳『北海文学81号』 短編集"Mysteries and Adventures" 1890年3月刊行 に収録されている作品。

もっと

アーサー・コナン・ドイル おすすめランキング (502作品)

The Adventure of the Creeping Man - (這う人)• 地元警察から疑われたのは、の弁護士ジョージ・エダルジだった。 警察はこの怪文書もエダルジの自作自演と判断し、エダルジの自宅を家宅捜索した。

もっと

コナン・ドイル (こなんどいる)とは【ピクシブ百科事典】

訳者 - 、全10巻 (の改版にあたり、嗣子のが修正を加えた) 戦前からドイル翻訳を手がけていた延原が、戦後新たに取り組み、1951年月曜書房から「シャーロック・ホームズ全集」を刊行開始、翌年全13巻で完結、日本初の全60編の翻訳を個人全訳で成し遂げた。 幸運に恵まれることを祈るばかりです。 仕方なくさらにホームズ物を書き続けたが、敬愛する母への手紙でも、ホームズ物をやめてもっと有意義な小説を書きたいと漏らし、せっかく食べていけるようになったのにと諫められている。 報酬50ポンド。

もっと

アーサー・コナン・ドイル おすすめランキング (502作品)

医者時代の失敗 シャーロック・ホームズ作品の二作目『四つの署名』を出版し、 彼の作品が徐々に世間の評価を得始めた頃、 まだ本業が医者だったコナン・ドイルは突然ウィーンへ眼科の研修を受けに行きます。 また岡本綺堂の『半七捕物帳』シリーズのきっかけともなった(参照)。 ドイル一家は居住者という立場で住んでいた。 年表 年 歳 出 来 事 1859 5月22日、イングランド・エディンバラ市ピカディ・プレイスにて誕生。

もっと

コナン・ドイルとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

ドイルにとっては大した金額ではなく自分への返還はどうでもよかったが、ほかの貧しい支援者たちに債務を押しつけようとしていることは許せなかった。

もっと