アイマス ss

【ミリマスss】雪歩「ねぇ、可憐ちゃん。……昨日のアレ、見た?」可憐「えっ」【微百合注意】

では失礼して……」 ガチャッ 美波「あ、Pさんいらっしゃってたんですね。

もっと

アイドルマスター (あいどるますたー)とは【ピクシブ百科事典】

そんな普通の青年の普通の物語。

もっと

【アイマスSS】P「みんなが俺を無視する」

あの子に日本人離れした名前を付けてしまった事を……」 ありす母「名前がコンプレックスだったみたいで……私たちは何て事をしてしまったのかと、ずっと考えていました」 ありす父「気づけば家族の間で会話が無くなっていました……」 ありす父「でもありすがアイドルとして活躍していくようになって、あの子もすごく変わったんです」 ありす母「この前なんか私たちに感謝してくれたんです……」 ありす母「私に特別な名前をくけてくれてありがとうって……」 ありす父「情けないですけど、泣いちゃいましたね……」 ありす母「最初はアイドルとして活動させるのは、とても不安でした……」 ありす母「……でもこんなにもありすが変わってくれたのが嬉しくて」 ありす母「アイドルをやらせてあげてよかったって、本当に思っています」 ありす父「ありすをプロデュースしてくれて、本当にありがとうございます!」 P「……」 P「……私も、ありすをただの女の子として終わらせるつもりなんてありません」 P「いつか、ご両親に「ありすという名前で良かった」と思ってもらうよう……」 P「『ありす』を日本人離れした名前だなんて言われないように」 P「『ありす』という名前が似合うトップアイドルになるよう、責任を持ってプロデュースしていきます!」 ありす父「……お願いします。

もっと

【アイマスss】P「押すとプロデューサーが洒落にならない仕方の爆発をするスイッチ?」

強面が目が腐っているかの違いだけなので些細な問題です。 美波は何もしなくてもエロいのに……) P(風呂上がりだと!!) 美波母(見てる見てる。 97 ID:tUslWwqo0 社長「うむ・・・それなのだが 君と涼君が事故で・・・死んじゃうというのはどうだろう!!」 P・涼「この鬼畜野郎」 社長「ドッキリの全容はこうだ 私がまずアイドル諸君に君たちが死んだと告げる 君たちの偽の遺体(人形)を病院の霊安室に置き アイドルたちとそこに向かう。

もっと

【アイマス】社長「ドッキリをしようと思う」 P・涼「・・・・は??」【ジュピターSS】

不意に実家のことを思い出し、お2人に似合う呉服のことを思い浮かべた……その程度の急ごしらえの企画で、」 雪歩「紬ちゃん、そういうのだよ、そういうのが欲しかったんですぅ!」 可憐「は、はい…! 着物だったら、雪歩ちゃんの和のイメージもぴったりだし、雪歩ちゃん以上に着慣れていない私に雪歩ちゃんが着付けするというのであれば、イメージアップも図れます……!」 紬「えっ? あ、あの……うち、役に立てたん…?」 雪歩「うんうん……いいね、そっかぁ、着付けかぁ。 あの人だ。 im s CHANNEL• 40 ID:HP1bsS5G0 雪歩「ええ!? 演技だったんですかぁ!」 ビックリです……でも、おあいこだよね? P「いやぁ……すまん」 響「じ、自分はわかってたぞ!」 あんな演技出来るものなの? 雪歩「……本当に疲れてませんか?」 P「まあ……多少、な」 雪歩「無理はしないで下さいね? みんなが悲しみますから」 まだわからないけど、もし好きだったらーーそれがわかるまで。 上手に処置してるじゃないか……」 真「はい……でも、まだ痛くて……」 P「ん、ここか?」なでなで 真「ははっ……くすぐったいですよ!」 P「痛いの痛いの、飛んでけってな!」 真「プロデューサー。

もっと

アイマスSSまとめ:モバP「もう訪問の時期か……」

俺が許可するから」 P「はい、ありがとうございます」(絶望) P(またかよ!) P(これは逃れられない運命なのか?) 美波弟(おっと!?) 美波(Pさんが……) 美波姉弟(泊まってく!?) 美波母「あらら」 2時間後 巨大スクリーンに美波のLIVE映像 美波父「おやおや、P君全然飲んでないじゃないか!もっと飲もうぜ!」 P「いや、私は結構です……」 美波父「ほれほれもっと飲め!あっははははははは!!!」 P「もうマジで勘弁してください(泣)」 美波父「おどりゃークソモバ!わしの酒飲めへいうんか!?ああ!?」 P「ありがたくいただきます(泣)」 P(もぉー、このオヤジマジだりぃ!!) 家族「……」ソソクサッ P(あいつら逃げやがった……) P(結局俺が帰る事になったのは翌日の朝だった……) P(ここのオヤジは何かと理由を付けて飲みたがるので、おれはこのオヤジが苦手だ) P(この日の朝は、シャワーを新田家で借りたが、俺のパンツがどこかへいってしまった) P(どうせホモの仕業だろと思ってたら……) P(信じがたい事に美波が盗んでた……美波は常識のあるいい子だと思ってたのに……) P(あと、弟君をどうにかしてくれ……) P(もうこの家族嫌だわ……) P(今度からは鬼悪魔にこさせようと俺は決意した) P(ちなみに新田家が最長時間だった) 高速道路 車の中 P「……どうしよう」 P「美波は確かにエロかったけど、全然勃たなかった……」 P「雪美ママさんが強烈すぎたからかもな……」 美波編 完結 美波編完結です。 もしかして?」 P「はい、決済報告をしたいと言っていた者です」 雪美母「そうなんですか。 40 ID:8xJ4vhxl0 P「勝手に話すぞ?」 P「竜宮小町のーー」 律子「……」 P「やっぱりーー」 律子「……」 P「エビフライよりーー」 小鳥 プロデューサーさんもだけど。

もっと

【アイマスss】P「押すとプロデューサーが洒落にならない仕方の爆発をするスイッチ?」

74 ID:wdaOAKke0 P「社長……!」 社長「よくやってくれたね! 期待以上だよ!」 P「いえ、俺なんて……そんな」 春香「千早ちゃん。 一応貴音編で完結しております。 今更だけど薫ちゃんの名字間違えた…… P「このときなんか、天使が舞い降りたと思いましたよ!」 P「すっごくかわいいですよね!」 ありす父母「「はい!」」 ありす「〜〜〜〜!!」 ありす「もうやだ!」 バタンッ!! ありす父「ああ、ありすがあまりの恥ずかしさに……」 ありす母「あんな顔が真っ赤なありすも珍しい……」 P「……ちょっと、騒ぎすぎました。 まっこまっこりーん!な雪歩に読ませたい二次小説作品です。

もっと