コロナ 聴覚

障害者たちはコロナ禍をどう乗り越えていく?生きづらさをバネに

京都府の乙訓ろうあ協会長の小森信男さん(59)=京都府向日市物集女町=も聴覚障害があり、「私たちは手話の動きだけでコミュニケーションをしているわけではない」と明かす。 コロナ騒動で情報がなくてすごく不安です。 こんな時、都は2種類の動画を配信する。 小規模な研究から得られた見方と断りながらも、新型コロナが体に長期間にわたって及ぼす影響力を理解する上で新たな事例の材料ともなると指摘した。

もっと

聴覚障害者の4人に1人が「コロナ禍で嫌な思い」 関西大・近藤研究室のアンケート調査で判明

視覚障害者・聴覚障害者からの「7つの提案」 厚生労働省の「」(平成28年度)によると、障害者手帳の保有者から調べる 視覚障害者数は31万2000人、聴覚障害者は34万1000人存在する。 菅首相は携帯電話料金の引き下げに熱心だが、「電話リレーサービス」のような問題があることを十分に認識し、より早い時期のサービス開始にも力を入れて欲しいものだ。 唯一、プラスヴォイス(仙台市)が2004年から現在もサービスを続けており、利用時間は8時から21時までで、1回あたりの利用料金が330円、使い放題の場合には月5500円となっている。 知らない人には筆談が主なツールとなりますが、ソーシャル・ディスタンシングでコロナ禍や未来では、そういったことが難しくなるかもしれません。

もっと

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について(聴覚に障害のある方等、電話での相談が難しい方向け) 東京都福祉保健局

救急隊員が指し示したタブレットに映る手話通訳者に症状を伝える患者役の女性(右) 災害や救急の現場で聴覚障害者と感染症リスクを避けながら円滑なコミュニケーションをとろうと、八幡浜地区施設事務組合消防本部(愛媛県八幡浜市)は現場と手話通訳者をオンラインでつなぐ態勢をとっている。 まさにメリットの宝庫と言えそうですが、心音さんは時間が経つと「学校の方がいい」と口にしました。 透明のマスク 例えば、聴覚障がい者が読唇によるコミュニケーションがしやすいよう、透明マスクが広がり始めている。

もっと

新型コロナの後遺症に聴力の変化や耳鳴りも、英マンチェスター大学研究報告|@DIME アットダイム

難聴のため、補聴器を身につけながら生活している。

もっと

一人ひとり 危機感持ち 行動を!

助けを求めるのに慣れていないと、一人で悩みを深めてしまうことも考えられます」 「まずは小さなことでもよいので、親御さんや友人に相談する勇気を持って欲しい。 1. 誰もが、自分が感染しているかもしれず、感染源になる恐れがあると考えて緊張感をもって行動を! 2. 密閉空間での集まりの自粛など、誰でも心掛ければ対応できるのだから、まずそれを実践して! 3. 食料や医薬品などの生活必需品の供給も維持されており、慌てる必要はありません。 初めての道、初めての場所、体調が悪い時には、五感が鈍り、状況把握が普段よりできません。 普段から制約の中で生きる、当事者家族たちの工夫と心構えについて取材すると、ウイルス流行後の社会全体に関わる気づきを得ることができました。

もっと

コロナ禍で置き去りの社会的弱者 知ってる?「電話リレーサービス」日本はG7唯一の未実施国だった(鷲尾香一): J

たとえば、大分県別府市の二つの市立小学校は今年6月、給食の時間に手話を取り入れると決定。

もっと

「マスクで口の形が読めない」。聴覚障害者とのコミュニケーションであなたにできる7つのこと

「筆談やスマホを使うコミュニケーションもある。

もっと