台風 9 号

台風9号、九州北部接近へ 10号、特別警報級発達か―暴風高波、大雨警戒・気象庁:時事ドットコム

既に、台風10号(アジア名:ハイシェン、)が強い勢力を伴って北上しており、7日朝にも朝鮮半島を直撃する見通しだ。

もっと

台風9号「メイサーク」非常に強い勢力へ 沖縄で災害級の暴風雨に?

その後は進路を北東に変えて九州の北へ進む可能性が高く、九州など西日本の近くを通る可能性があります。 3日にかけて予想される最大瞬間風速は九州北部50メートル、九州南部と奄美、四国35メートル。 もしもこの予報通りの勢力で接近した場合、沖縄にしてもかなり大規模な台風被害が発生することが懸念されます。

もっと

台風9号「強い」勢力に さらに発達し 31日から9月1日 沖縄地方へ(www.pitnit.com)

10号の影響で4日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄18メートル(30メートル)、5日は沖縄40~50メートル(55~70メートル)、奄美20~24メートル(25~35メートル)。 中国・四国• 波の高さは九州北部11メートル、九州南部9メートル、四国5メートル。 台風10号は3日正午現在、時速20キロで西に進んだ。 10号は2日午前9時、マリアナ諸島近海を時速15キロで西南西へ進んだ。

もっと

台風9号進路予想、8月31日に沖縄県に接近 非常に強い台風に発達、大荒れの天気恐れ

気象庁は、この勢力で接近した場合、大雨や暴風、高波、高潮による甚大な影響が出るおそれがあるとして、事前に、暴風などを対象とした「特別警報」を発表する可能性もあるとしています。 半径95キロ以内が暴風域、半径330キロ以内が強風域。 一方、小笠原諸島近海で1日夜に発生した台風10号は、マリアナ諸島近海に進んだ。

もっと

動画:台風9号、韓国・釜山を直撃 死者1人 北朝鮮にも豪雨 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

強い台風10号は今後、特別警報級の猛烈な勢力に発達し、6日にも奄美群島近海に達する見通し。 石垣島では観測史上1位となる最大瞬間風速71. 朝鮮半島に上陸後、3日午後に温帯低気圧に変わる見込み。 中心気圧は940ヘクトパスカル、最大風速45メートル、最大瞬間風速65メートル。 前回の台風8号接近時は大雨の影響が中心でしたが、台風9号は大雨に加えて暴風や高波、高潮の影響も大きくなるとみられますので厳重な警戒が必要です。

もっと

台風9号「強い」勢力に さらに発達し 31日から9月1日 沖縄地方へ(www.pitnit.com)

気象庁は、暴風や高波、高潮に厳重に警戒するともに、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。 宮崎県延岡市では2日午前6時55分ごろまでの1時間に69.0ミリの非常に激しい雨が降った。

もっと

台風9号進路予想、8月31日に沖縄県に接近 非常に強い台風に発達、大荒れの天気恐れ

8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

もっと