創業 は 易く 守成 は 難し

「創業は易く、守成は難し」

太宗はそれらに対し、「創業の難事は過去のこと。 太宗 ( たいそう ) 曰 ( いわ )く、 玄齢 ( げんれい )は、 昔 ( むかし )、 我 ( われ )に 従 ( したが )いて 天 ( てん ) 下 ( か )を 定 ( さだ )め、 備 ( つぶさ )に 艱 ( かん ) 苦 ( く )を 嘗 ( な )め、 万 ( ばん ) 死 ( し )を 出 ( い )でて 一生 ( いっせい )に 遇 ( あ )えり。

もっと

09 創業は易し、守成は難し|メガネのヨネザワ|眼鏡・コンタクト・補聴器・福祉機器

まさに 「奢りが出るし目的を見失う」状態に陥って、成長が止まってしまうんですね。 ホームページ2,000円〜10,000円台(消費税別)。 創業に貢献してくれた者へは感謝しつつ、これからは守成の体制へと移行せねばならない。 由来になった中国のエピソードには、教訓になることが多いです。

もっと

創業は易く守成は難し:意味・原文・書き下し文・注釈

その通り、ここは非常に有名になった箇所です。

もっと

【創業守成】とは中国・貞観政要の言葉 自業自得にならないために

獲得するよりも保持するために骨を折るものだ まとめ 以上、この記事では「創業は易く守成は難し」について解説しました。 「民主」の先駆を切って進んでいる。

もっと

創業は易く守成は難し

継ぐとは何をするのかと言えば、継体です。

もっと

故事成語「創業は易く守成は難し」の意味と使い方:例文付き

しかし、それと同等以上にサービスインしてからの維持・発展の方が難しいと私は思います。 もう少し早い時期に自覚できれば良かったのですが、余程のことが起きなかったので50歳近くになってしまいました。

もっと

『創業と守成いずれが難きや』

「創業」とは、「事業を新しく始めること」「会社を立ち上げること」という意味です。 自分の本当の力が磨かれる。 「『長』たる者が、人に尊敬される資格はない。

もっと

『貞観政要』で最も有名な「創業と守成いずれが難きや」

だから今は、守成の困難を皆で自覚して正しい政治を行なっていこう」と言ったという。 私には豊富な経験があります。 あるとき、太宗が「事業を始めるのといったんでき上がった事業を発展させていくのとでは、どちらが難しいか」と尋ねた。

もっと