ラグビー 選手 名鑑

NEC

全国高校大会北海道予選決勝 SEINANラグビーマガジンカップ 東北小学生ラグビーフットボール交流大会 テクニカルセミナー. AllBlacks - (英語). ぜひ、黄色い表紙のラグマガ11月号をお求めください。

もっと

別冊付録に大学ラグビー写真名鑑! ラグビーマガジン11月号、本日発売です

なお、掲載順は、当該選手の初キャップ獲得時となっており、五十音順ではない。

もっと

別冊付録に大学ラグビー写真名鑑! ラグビーマガジン11月号、本日発売です

写真名鑑は観戦時のお供に最適です。 5回(史上最多)• ラグビーマガジンの1月~12月のおすすめポイントもまとめています。 歩んできた道の紹介も。

もっと

【スーパーラグビー アオテアロア】 ハリケーンズ 写真付選手名鑑

1965年から1969年にかけてテストマッチ17連勝を達成。 ラグビー日本代表歴代キャップ保持者一覧とは、が認定する対象試合に出場した経験を有する、選手の一覧をまとめたものである。 現在では、キウイズ(Kiwis)と呼ばれて親しまれている。

もっと

ラグビー日本代表歴代キャップ保持者一覧

では白()が銀を表す。 - 3位• 2018年11月24日現在• NZRUは新ヘッドコーチの選考を行うと表明し、との指名争いが展開されたが、最終的にヘンリーの再任人事を発表。 (前身のトライネイションズでの10回含む)16回(史上最多)• 2019年10月15日閲覧。 この大会中、スタンドオフに3名の怪我人を出しながら優勝を果たし選手層の厚さを証明した。

もっと

ラグビーマガジンの選手名鑑を手にラグビー観戦 1月~12月

氏名 CAP 1 岸田 則子 3 2 玉置 文子 6 3 大嶋 栄 1 4 土井 雅子 3 5 田中 光子 6 6 太宰 由紀子 2 7 高田 木村 郁代 4 8 志村 美恵子 3 9 堀北 綾子 1 10 渡辺 志保子 5 11 土屋 亜美 5 12 宮河 菅井 輝美 7 13 塩崎 恵美子 4 14 佐藤 美和子 3 15 増岡 文子 3 16 石田 みち子 3 17 福島 順子 3 18 安田 哲子 2 19 斉藤 範子 2 20 山田 恵子 4 21 吉田 幸代 3 22 宮川 千佳 12 23 多田 ゆかり 4 24 兼松 順子 4 25 安達 三枝 12 26 並木 富士子 13 27 奈良部 直子 4 28 弘中 雅子 7 29 三木 朋子 4 30 赤井 希久子 5 31 曽我部 日生 5 32 加藤 晴世 6 33 山内 紀子 2 34 沼畑 公子 1 35 海野 久美子 2 36 相川 千絵 4 37 井上 久子 2 38 原沢 亜希 2 39 鹿内 愛子 16 40 外山 智香子 8 41 大竹 真美子 7 42 高橋 順子 2 43 江野沢 宇田川 美穂 13 44 多島 朋子 4 45 浅見 敬子 11 46 服部 留奈 2 47 吉岡 麻里子 7 48 岡田 梨加 3 49 丸山 みどり 3 50 永田 早矢 18 51 原田 直子 1 52 森本 加藤 直子 5 53 平野 小熊 桂代 8 54 関 奈津子 4 55 虫壁 坪井 良子 11 56 室岡 絵里 1 57 小野 智恵子 1 58 首藤 榎本 妙 12 59 永野 はるえ 5 60 古賀 千尋 5 61 田端 真希 2 62 Angela Elting 15 63 杉浦 則子 4 64 鈴木 理恵 2 65 岡田 真実 20 66 浜田 真里江 2 67 野中 郁代 1 68 長谷部 直子 12 69 岡田 真弥 1 70 兼松 本間 由香 13 71 佐々木 時子 17 72 井手 麻記子 7 73 野口 智子 3 74 松平 貴子 17 75 乾 あゆみ 18 76 小島 千枝 2 77 高橋 美夕季 1 78 辻本 つかさ 11 79 河野 未穂 2 80 清水 郁子 1 81 山口 真理恵 10 82 篠宮 山田 都萌 6 83 伊藤 真葵 20 84 中村 弥生 3 85 高山 直子 4 86 鈴木 彩香 13 87 後藤 萌美 9 88 山本 さやか 15 89 高橋 はるか 5 90 二木 美栄 1 91 常盤 香代子 2 92 井上 愛美 14 93 直塚 史子 2 94 鎌多 春香 2 95 高橋 真弓 5 96 加藤 慶子 7 97 横山 里菜子 5 98 山田 陽子 2 99 田中 智絵 2 100 工藤 綾乃 1 101 与村 知子 1 102 田中 彩子 4 103 湯村 亜衣子 1 104 鈴木 実沙紀 19 105 富田 真紀子 5 106 大島 千佳 4 107 一戸 愛美 1 108 三樹 加奈 1 109 伊藤 絵美 5 110 藤崎 朱里 2 111 中尾 友紀 1 112 Mateitonga Bogidraumainadave 11 113 鈴木 育美 1 114 飯田 美妃 1 115 野毛 伸子 4 116 横尾 千里 4 117 山中 郁香 5 118 神村 英里 5 119 鈴木 美緒 8 120 齊藤 聖奈 21 121 中村 知春 4 122 山 あずさ 4 123 西村 みき 1 124 中嶋 竹内) 亜弥 10 125 小磯 雅子 5 126 樋口 由依 4 127 山田 怜 1 128 林 明里 3 129 末 結希 14 130 五十嵐 裕佳 3 131 片岡 瑞帆 12 132 坂本 愛里咲 3 133 加藤 あかり 7 134 本間 美月 5 135 伊藤 瑞萌 4 136 田坂 藍 11 137 加藤 里奈 2 138 小菅 礼子 3 139 杉本 七海 1 140 山本 紗織 2 141 高野 眞希 8 142 山本 実 10 143 谷口 令子 3 144 野田 夢乃 11 145 南 早紀 12 146 日向寺 亜依 7 147 バディヴァカロロ 1 148 黒木 理帆 10 149 堤 ほの花 9 150 寺内 美樹 3 151 伊藤 優希 5 152 櫻井 綾乃 12 153 小林 ちひろ 5 154 三村 亜生 7 155 平野 恵里子 7 156 中山 潮音 2 157 清水 麻有 9 158 古田 真菜 2 159 及川 由季 3 160 津久井 萌 8 161 山中 美緒 2 162 桑井 亜乃 1 163 塩崎 優衣 6 164 江渕 まこと 7 165 長田 いろは 7 166 鈴木 彩夏 7 167 福島 わさな 3 168 藤本 麻依子 4 169 加藤 幸子 2 170 小西 想羅 2 *キャップ数は2017年8月27日時点. ヘッドコーチ: 詳細は「」および「」を参照 通算出場試合数 [ ] 順位 名前 ポジション 期間 出場 1 2001-2015 148 2 2002-2015 132 3 2008-2019 118 3 2002-2015 118 5 2003-2015 112 6 2010- 108 7 2009-2019 106 8 2003-2015 103 9 2003-2011 100 10 2004-2015 94• は優勝の大本命とされたが、準々決勝でホスト国のフランスに敗れた。 この遠征試合はともに引き分けとなった。 歴史 [ ] ラグビー王国の誕生 [ ] オールブラックス対イングランド、 2006年 ニュージーランドへのラグビー伝来は医学者で政治家のデビッド・モンロ(出身は・)の息子であるC. 年齢は満年齢. 試合の前にニュージーランドの先住民であるの伝統舞踊「」()を行う。 ミッチェルは若手選手を中心にチーム編成を行い2002年・2003年のトライネイションズ優勝、2003年には5季ぶりにブレディスローカップの奪回に成功した。

もっと