是非 使い方

「是非」の正しい意味と使い方を例文付きで解説

名詞「良し悪し」の類語 名詞「良し悪し」としての類語には「可否」「善し悪し」「適否」「当否」があります。 何度も「是非!是非!」と言ったり、強い言い方になると強制的であると感じさせてしまいます。 このように「是非とも行きたい」という言葉は非常に多くの場面で使われ、主にプライベートのやり取り(意見を主張する場面)で使われる言葉になります。

もっと

ビジネスにおける是非の意味と使い方、その例文

「是非が問われる事項」の回答に関しては何かの可否であったり、または要否である場合があります。 そのような事にならないためにも、是非という言葉の正しい意味や使い方を知っておくことは、とても大切なことです。

もっと

「是非」の意味とは?「是非とも」?2つの意味、使い方から英語表現まで詳しく解説!

可否、つまり可能か不可能か、出来るかできないか、という意味ですね。 詳しくは例文を参考にしてください。 どちらかも自分 たち 以外に問い掛ける時に使います。

もっと

「是非を問う」とは?意味や使い方を解説

ビジネスシーンでは「是非(ぜひ)」を使うチャンスがかなり多いと思います。 「是非」に限らず、副詞とは、補足する語のことを指し、文章全体の読みやすさを考え、漢字で表記できるものも、あえてひらがなで表記されることが多いです。 次のロケット打ち上げは、是非成功させるつもりです。 どちらで表記するのかルールはあるのでしょうか。

もっと

「是非(ぜひ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

このように類語を使うよりも「是非」という言葉を使うことで幅広い状況を表すことができます。 透(すき)をあらせず、御殿へ乗り入れ、・・・」 と書いてあります。

もっと

「是非」の意味と例文・使い方・類語|是非に及ばず/是非もない

是非とも参加 先述で少し触れましたが、「是非とも参加ください」などの表現は、主に何らかの主催者が不特定多数の人へ向けて以来する際に使う言葉となります。

もっと

名詞として副詞としても使える「是非」。意味・使い方・類語・例文を紹介

名詞の「是非」の言い換え ・ 是非ともお願いします ・ 是非ともお待ちしております ・ ぜひともご検討ください ・ ぜひ参加したいです ・ ぜひぜひ! 圧倒的に使うことが多いのがこの副詞としての「是非」。 「どうぞ」や「どうか」をより強めた表現です。

もっと

「是非」(ぜひ)の正しい意味と使い方!類語や英語表現も解説

是非を問うとは一つの事柄についての善し悪し、適切か不適切なのかや、賛否などを問いかける表現の一つです。 複数の相手がいるという場面での使用が多いです。 でも、どんな意味を持っているのかと問われるとすぐには答えられないですよね。 この「是非」という言葉はビジネス用語でもプライベートのやり取りでも頻繁に使われており、どちらかと言えばビジネス上のやり取りにおける敬語表現のうちに含まれます。

もっと

「是非」の正しい意味と使い方を例文付きで解説

「可否を問う」 かひをとう 「是非を問う」の 「是非」を 「可否」と置き換えただけですが、この表現にすると、 「賛成」か 「反対」かだけでなく、 「可能か」、 「不可能か」を聞く場合にも使うことができます。 「by all means」は相手から許可や、を尋ねられた時に使用します。 この場合は「是非ともいただきます」という文書が省略された形となっています。 「是非を問う」の例文1 「新しいマンションの建設の是非を問う住民投票があるらしい」 このような、公に行われる賛否に対して使うことも多い言葉です。

もっと