パール 判事

ラダ・ビノード・パルとは (ラダビノードパルとは) [単語記事]

中島岳志著『パール判事』論争 [ ] 2007年7月、中島岳志は『パール判事 東京裁判批判と絶対平和主義』()を出版し、「パール判決書は日本無罪論ではない」と主張し、またパールは日本の再軍備に反対し、非武装中立・世界連邦の樹立を目指していたと主張した。 日本は南京事件に関わらず戦前に 引き起こされた内容について関係国に 対して賠償や財産、請求権そして個人の 請求権についても歴代内閣によって一貫 して法的に解決してきたようです。

もっと

パール判事と東京裁判

戦後の日本については「平和憲法を守ることでも無類の勇気を世界に示して頂きたい」(「毎日」大阪本社版52年10月31日付)と、憲法の平和原則への支持を表明しています。 ただ、当事者としてその時代に 生きていない以上、やるべきことは 自虐史観に捕らわれずに 知ることができる範囲で事実を正しく 勉強することだと思います。 実際、1945(昭和20)年に入って激化した各都市への空襲、沖縄陥落などから、日本でも一部グループが旧ソ連を通じて終戦工作を行っており、それはアメリカも知っています。 カッタ卒。

もっと

[昭和の杜~パール博士顕彰碑~]

「日本に同情して無罪を言い渡してくれた」と言うような類の言葉には、激しく抗議した。 国際法の法典化を進める会議で「人類の平和および安全に対する犯罪」の法案の審議を行なっていた。

もっと

パール判決論争

」 「戦争が犯罪であるというなら、いま朝鮮で戦っている将軍をはじめ、トルーマン、スターリン、李承晩、金 日成、毛沢東にいたるまで、戦争犯罪人として裁くべきである。 さらに、戦後日本の論壇を批判の対象としていない点、『パル判決書』についての公正な読みを提示しようとして来た先行研究にほとんど触れていないという点を「学問的誠実さに欠ける」とした。 インド独立の闘士"A. 結果、英文で1,200ページにも及ぶ「パール判決書」という形でまとめられたが、占領軍は当然それを発表せず、多数派のみの判決が、あたかも全員一致かのように発表されている。

もっと

東京裁判のパール判事とは?

日本に「侵略」や「平和に対する罪」の定義が当てはめられるなら、ソ連にも適用されなければならない。 パル博士は快諾し、ベンガル語で碑文を書かれました。

もっと

パール判事の日本無罪論

しかし、結論から先ら述べると、これらの論拠は"パール判決書"の都合の良い部分を切り取って引用し、自分の都合の良い歴史観補強に利用していると言える。 1946~48年 極東国際軍事裁判インド代表判事として来日。

もっと

パール判事と東京裁判

その後の「」連載をまとめた「『パル判決書』の真実」(2008年8月23日)でも同様の主張を行った• 幾人かがこれの出版を企画した。

もっと

[昭和の杜~パール博士顕彰碑~]

そしてこの 裁判の本質は連合国側の政治目的を達成するために設置されたに過ぎず、日本の敗戦を被告達の侵 略行為によるものと裁く事によって、日本大衆を心理的に支配しようとしていると批判した。

もっと