津田 信 澄

津田信澄

後にを去り、に仕える。

もっと

歴史人物語り#10 織田信長の側近にして明智光秀の娘婿であった津田信澄はその才覚を怖れられてか、デマが原因で殺される

一方、『忌部氏系譜』・『越前織田明神社家忌部上坂系譜』には、「富田二郎平基度の女、世に津田女と称す」とある。

もっと

津田信澄| 明智光秀の娘を妻に迎え本能寺変後に非業の最期を遂げる

しかし、義父であるが を起こしたことで共謀者と思われ、 信澄は若くして殺されてしまいました。

もっと

津田信澄| 明智光秀の娘を妻に迎え本能寺変後に非業の最期を遂げる

1958年、第40回直木賞候補『日本工作人』• 10月から翌年11月までは、 討伐に従軍し、 開城した摂津 には信澄が置かれて、 村重の正室ら一族37名を捕えて に護送する役目を担います。 文明11年(1479)に敏定と敏広は和睦し、敏定は尾張南部二郡守護代となる。 。 5.まとめ 今回は の甥であり の娘婿でもある でした。

もっと

津田信澄| 明智光秀の娘を妻に迎え本能寺変後に非業の最期を遂げる

请勿直接提交机械翻译,也不要翻译不可靠、低品质内容。 同年、信長の取次役として、公家の吉田兼見をもてなしました。

もっと

津田信

生平 [ ] 津田信澄的祖父是,父亲是信秀的三子信行。

もっと

津田信澄

また、21日に安土の信長は、 京都から堺に向かうという の大坂での接待役を 丹羽長秀と信澄に命じています。

もっと