アストミン 10

アストミン錠10mg[アステラス製薬]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。 5歳から使用可能な薬で副作用も比較的起こりにくい薬ではありますが、場合によってはアレルギーや嘔吐、下痢などの副作用が現れることがあります。 下の表の薬以外に 鎮咳薬と去痰薬を配合した鎮咳去痰配合剤があります。

もっと

アーチスト錠10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

珪肺や珪肺結核の主な症状である咳をアストミンは止めて咳による身体的苦痛を和らげます。

もっと

アストミンは咳止めに効果的!小児の用法・副作用・薬価について詳しく解説!

セファクロル(ケフラール)は細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。 アストミンの主成分であるジメモルファンリン酸塩を含む市販薬として「新パブロン咳止め液」がありますが他に別の作用を有する有効成分を含んでいるためアストミンとは効果や副作用の異なる薬になります。 「咳止めの薬はどう使い分けたらいいかな?」 以前、あるDrから相談を受けたのですが、患者さんだけでなく医療従事者からもこのような「薬」の質問を受けることは薬剤師冥利に尽きますよね。

もっと

アストミン錠10mgの効果・用法・副作用

(3).呼吸器[慢性心不全]:(0. 5mg、5mg又は10mgのいずれかとし、いずれの用量においても、1日2回食後経口投与とする• 副作用が起こりにくく安全性にも優れた抗インフルエンザ薬です。

もっと

アストミン散10%[アステラス製薬]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

ジメモルファン(アストミン)服用中にこういった症状が現れた場合にはジメモルファン(アストミン)の服用による副作用の可能性があるので、医師に相談するようにしましょう。 5.強心薬を静脈内投与する必要のある心不全患者又は血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全患者[心収縮力抑制作用により、心不全が悪化する恐れがある]。 抗コリン作用もあり フラベリック(ベンプロペリンリン酸塩)• 年齢、症状によっては適宜増減します。

もっと

アストミンの効果と副作用【咳止め】

なお、いずれの代謝物もほとんど鎮咳作用を有しないものであった。 発現頻度は承認時までの臨床試験及び使用成績調査の結果を合わせて算出した。 珪肺・珪肺結核への効果 珪肺は石英などに含まれるケイ素の粉じんを吸い込むことによって生じる職業性肺疾患です。 (禁忌) 1.気管支喘息、気管支痙攣の恐れのある患者[気管支筋を収縮させることがあるので喘息症状の誘発、悪化を起こす恐れがある]。

もっと