新島 襄

自責の杖事件(じせきのつえじけん)

1876年(34歳)八重と結婚する。 2015年2月4日閲覧。 2015年3月4日時点の [ ]よりアーカイブ。

もっと

新島襄と同志社女学校 :: 同志社女子大学

元治元年(1864)、快風丸という船に乗って開港地の箱館へと向かった襄は、そこで出会ったロシア人司祭の ニコライや坂本龍馬の従兄弟である 沢辺琢磨らに協力してもらい、上海へ向かう米船ベルリン号への密航に成功します。 集まった生徒を前にして襄は「今回の集団欠席は、私の不徳、不行き届きの結果起こったことであり責任は自分にある」と話し、突然右手に持っていた杖で自らの左手を叩き始めたのです。 40人の看護婦の取締役として、怪我人の看護だけでなく、看護婦の地位の向上にも努めた。

もっと

新島襄、木戸孝允の通訳として岩倉使節団に参加

もっと

同志社のあゆみ|学校法人同志社

元治1年国禁を犯してアメリカに密航。 萌えの桜と同じく荒井チェリーによるイラスト。

もっと

新島襄と同志社女学校 :: 同志社女子大学

明治10年()には同志社女学校(のちの)を設立。

もっと

新島襄旧宅|観光スポット|安中市

> 自責の杖事件(じせきのつえじけん) 新島襄が設立した同志社英学校は、開校当時生徒数はわずか8名でしたが、その後熊本バンドの転入などもあり生徒数は増加します。 (1886年5月30日) 「」 「」 新島襄の愛誦句だった。

もっと

新島襄~キリスト教主義による「一国の良心」教育

1864年(元治1)6月アメリカ船で箱館から海外に脱出、翌1865年(慶応1)7月ボストンに到着。 明治3年()、夫・尚之助に教えを受けた士・内藤新一郎の世話で、1年ほどをで過す。 それでも定員割れが生じる厳しい状態でした。 また、改めてマスク着用等の感染症対策の徹底に、ご協力をお願いします。

もっと

新島襄~キリスト教主義による「一国の良心」教育

こうして日本を飛び出した襄は、上海でワイルド・ローヴァー号に乗り換え、アメリカへと向かいました。 最初に故郷の上州安中に向かい、三週間滞在した。 帰国後は同志社英学校などを開校 帰国後は同志社大学の前身である 同志社英学校を開校します。 岩倉使節団 慶応2年()12月、付属教会でを受ける。

もっと

『新島襄の言葉』を自分のものにしよう!

同志社の創立者新島襄。 帰国後仙台の東華学校やの開校,同志社病院の開院に携わる。 明治19年()9月には(同志社病院)がキリスト教精神における医療・保健・看護活動、キリスト教伝道の拠点として設置されその役割を担う。

もっと