肥 薩線 被害

JR肥薩線で球磨川第一橋梁など流出、人吉駅冠水。熊本県水害で鉄道に大きな被害

ただし、八代駅、人吉駅の終日と吉松駅の日中は改札口にて改札・運賃精算を行う。 快速列車として運転していた際の停車駅 - - - - - - - - - - - - - - -• それが被災した鉄道の宿命でもあるし、「交通機関として要らない」を選択すればそれは廃止と言う運命。 鉄道ピクトリアル 2018年12月号、154頁、『JR九州 熊本車両センターのキハ31』斎藤 幹雄、2018年• くま川鉄道は、利用客の8割が高校生という通学需要の非常に高い路線です。 JR九州は、肥薩線の主な被害状況の写真を公開しました。

もっと

球磨川第二橋梁も流出 くま川鉄道は全車両が浸水被害 │ 鉄道模型モールBlog

大規模工事 不通となった肥薩線のうち、特に被害が大きいのは、球磨川の氾濫に見舞われた八代-人吉の「川線」と呼ばれる区間。

もっと

球磨川第二橋梁も流出 くま川鉄道は全車両が浸水被害 │ 鉄道模型モールBlog

4月25日 「SL人吉」運転再開• 広告 球磨川第一橋梁が流出 7月4日豪雨の被害の全容は明らかではありませんが、熊本県人吉市の球磨川に設置された堤防が決壊し、洪水により多くの鉄道施設の被害が出たようです。 ダイヤ改正により以下のように変更。 肥薩線葉木~鎌瀬間 路盤流出• 乗客11人負傷。

もっと

球磨川第二橋梁も流出 くま川鉄道は全車両が浸水被害 │ 鉄道模型モールBlog

列車愛称の「九千坊」とは、上流の唐天竺から球磨川に来た伝説のの名である。 乗換路線 乗換路線はありません• :1067mm• 「いさぶろう」・「しんぺい」 のうち1往復は人吉以北特急列車として熊本駅発着で運行されている。

もっと

JR肥薩線、くま川鉄道・肥薩おれんじ鉄道など九州内の豪雨被害状況

この他、現在わかっているだけでも駅舎、路盤の流出、橋梁消失など複数が確認されています。 (布谷真基). , 2020年11月8日閲覧。

もっと

肥薩線の被害が深刻すぎる。瀬戸石駅消滅、球磨川第1橋梁など流出

画像:JR九州 葉木トンネル付近では、路盤流出で線路も流されています。 一方、鉄道以外の復旧事例もある。 球磨川に架かる鉄道と国道の橋が流出 バス・タクシーも被害 国土交通省によると、肥薩線の鎌瀬~瀬戸石間(熊本県八代市)で、球磨川に架かる球磨川第一橋梁(きょうりょう)が流出したほか、同路線の複数箇所で線路の冠水が確認されています。

もっと

肥薩線

(昭和40年)11月1日 準急「やたけ」(熊本 - 西鹿児島)運転開始• 九千坊号のヘッドマークとサイドボード(2007年3月18日、熊本駅にて撮影) 人吉駅 - 吉松駅 [ ] 人吉駅 - 吉松駅間は本数が少なく1日3往復の運転であり、うち2往復は観光列車「いさぶろう」・「しんぺい」、残り1往復が一般気動車での運転である。 7月6日 集中豪雨で線路に被害が出て、人吉 - 大畑間で列車転覆事故が発生、真幸駅が山津波で埋没• (昭和49年)4月25日 特急「おおよど」(博多 - 宮崎)運転開始• 九州新幹線の橋梁の下を通り、ゆったりとした球磨川の流れを望める。 平成筑豊鉄道は落石の影響で犀川-油須原間で運行再開の見通しが立っていない。

もっと

肥薩線とくま川鉄道の橋流出 九州南部大雨による交通の影響と被害 5日10時30分現在

肥薩線人吉駅(熊本県人吉市)との共同使用駅である人吉温泉駅を起点とするくま川鉄道では、人吉温泉駅構内で線路冠水や土砂流入が発生。

もっと