衛 宮 士郎 詠唱

「心の澱」最終話 衛宮士郎&遠坂凛SS

その影響から前髪の一部分は白に変色し、力を行使すると肌から焼けた様ような煙が吹いた後、左の頬から首元・左腕まるまる褐色へと変わっていた。 その名に、流石の士郎も凛も驚愕を隠せない。 自らを「悪」とし、それが養父の理想とかけ離れたものであると知りながら、士郎はそれでも胸を張って義父に向かいそれを誇った。

もっと

パズドラの「衛宮士郎(えみやしろう)」の評価!おすすめ潜在覚醒/超覚醒も紹介!

waiting for one's arrival 剣の丘で鉄を鍛つ I have no regrets. 数多くある「射殺す百頭(ナインライブズ)」の形態うち、対人用である全ての斬撃が一つに重なって見えるほどの「ハイスピードな九連撃」。

もっと

衛宮士郎 fgo

「自分が争いを収める」 この決意で、魔術師同士の殺し合いに参加するようになりました。 突き刺すような寒風が、わたしの空っぽになった心を通り過ぎていく。

もっと

Fate 衛宮士郎という中の人たちにハッキリ「嫌い」と言われた事まである主人公wwwwそんな彼もやっとHFで…

一番肝心なところで、肝心な言葉が出てこないのは、遠坂凛に刻まれた、最早遺伝的ととも云える呪いだ。 だから、やっぱり負けていたのは、わたしの心。

もっと

Fate 衛宮士郎という中の人たちにハッキリ「嫌い」と言われた事まである主人公wwwwそんな彼もやっとHFで…

かなり御都合となっております。

もっと

Fate/staynightの衛宮士郎の詠唱の読み方を原文と日本語...

物語の終盤になって、士郎はセイバーにこの宝具を返却しました。 きっとこんな風に喧嘩することも最期になるんだろうから、今の裡に全部吐き出してしまいたいことは吐き出してしまったらどう?」 ……わたしは自らの心を加速度的に、わたし自身の闇へと追い詰めていく。 美遊が「美遊が幸せになれる世界」へ旅立った瞬間それは途切れた。

もっと

Fate/staynightの衛宮士郎の詠唱の読み方を原文と日本語...

「ええ、ですからわたくしが貴方がたを見殺しに出来なかったのは、見えない《奇跡》っていう存在がわたくしの背中を無意識に押しただけのこと。 「劇持ちの」のようなもの。 五年間まったく進歩がない、という現状に焦りを覚えつつも、今自分にできることとして身体を鍛え、生活費を自分で賄うためにに励んでいる。 人物 基本的には素朴で実直。

もっと