ご 了承 いただけ ます よう

ご了承いただきの意味と使い方|目上に使える?快諾・了解との違いは?

「いただけますよう」の間違いだろう。 したがって、 丁寧レベルとしては「ご了承いただけますよう > ご了承いただきますよう」となります。 さらに、口語だけでなくビジネス文書やメール上の文語としても多く使用されます。 「お含みおきください」は使い方によっては、曖昧な内密な依頼や失礼なお願いだと受け取られてしまう可能性があります。

もっと

「ご了承いただきますよう・いただけますよう」意味と違い、使い方

そのほか、部下からの個人的なお願いごとを「引き受ける」場合にも「承諾」を使用して問題ありません。

もっと

ご了承 /文例・敬語の使い方・意味

これが本来の表現でしょう。 予めご了承ください」インターネットサイトでこのように表示されていることもあります。 「新商品の件、ご了承いただきありがとうございます」 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご了承いただきありがとうございます」 「了承しました」は同等か目下の相手に使う 「了承しました」は「相手の申し出や事情を納得し、承諾する」という意味になります。

もっと

「了解」「了承」「承知」「承諾」「快諾」の意味と違いとは? 例文も解説

誤解のないようにしておきますが、どちらも敬語としてはすばらしい表現であり目上の方(上司・先輩)やビジネスメールで使えます。 ご無理を申し上げますが、ご了承を賜りますようお願い申し上げます」 「ご了承いただき」の類似語は? では「ご了承いただき」の類似語はいかがでしょうか。

もっと

「ご了承」の正しい意味とは?類語との違いや使い方を例文で解説

「ご了承のほどよろしくお願い致します。 ただ、「承知」とは「承って知ること」の意味があり、納得はしていなくとも知っているとしての意味でも利用可能です。 「了承しました」の類似表現に「了解しました」「承知しました」があります。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

もっと

「了解」「了承」「承知」「承諾」「快諾」の意味と違いとは? 例文も解説

この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 「予めご了承ください」という言葉は、日常生活の中でも目にしたり、聞いたりすることがあります。

もっと

「了承いただく」の意味と使い方・「承諾・了解いただく」の違い

「何卒」をつけたり「幸いです」をつけて印象を柔らかくしてもよいでしょう。 「もらう」には物をもらうなど、さまざまな意味がありますが、ビジネスとして使用される「了承いただく」は、相手を敬いながら、自分には恩恵があることを表す言葉になります。 この「了承」に尊敬の「ご」をつけることで、「どうかご理解いただき、受け入れてください」という意味になります。 意味は人の頼みや申し入れを引き受けることで、「承諾」に似た言葉です。

もっと