D2c ブランド

日本で成功しているD2Cブランドは?

D2Cとは、「Direct to Consumer」の略称で、原則として メーカーが店舗(卸業者)を介さず、顧客に直接商品を届けるビジネスモデルです。 今後はそのような哲学を持ったブランドや企業がもっと出てきてもよいのではないでしょうか。 同じような形態であるSPA(Speciality store retailer of Private label Apparel)と違うのは、 店舗を持たず自社運営のECサイト上でのみ販売している点だ。 ほかにも最近では消費者が直接工場にオーダーメイドできる CtoF Consumer-to-factory や、D2Cを発展させたDNVB、DWC (Direct-with-consumer)なども登場しています。

もっと

D2Cはなぜ注目される?アパレル業界の常識を覆すビジネスモデルを解説

彼らは国内のコミュニティすべてに対し大きなファンベースを作り上げ、ブランドの認知とイメージ向上を成し遂げた。 英語でも見るとわかりやすいです。

もっと

D2Cで大手に勝つ コスメ業界の急成長スタートアップ3社のキーパーソンが語る (1/2)

中間業者を極力省くことで工場から店舗までのよりシンプルなサプライチェーンを実現したSPAをベースに、店舗を運営する際にかかる費用も削減することで、質の高い商品を更にリーズナブルな値段で売ることが出来る。 そこまで試さないと、何が本当に効果があるのか分かりませんから」(野口氏) クリエイティブが「かっこいい」か「ダサい」かは非常に主観的な感覚であり、そこにとらわれていては成果を得られない。 男性にもデニム以外のパンツの選択肢が欲しいという思いから、 チノパン等のメンズパンツのみの取扱いでブランドをスタート。

もっと

日本発のD2C!人気ファッションブランド5選

バルクオムは男性化粧品を扱う化粧品ブランドですが、収益化が難しいとされる同業界において、D2Cモデルを採用することで大きな成功を収めています。

もっと

D2Cはなぜ注目される?アパレル業界の常識を覆すビジネスモデルを解説

最近ではアパレルや美容関係などが、D2Cを展開している企業としては多いです。 そのような社会の状況下で生まれたのがD2Cという新しいビジネスモデル。 。

もっと

スーツから加工食品まで…顧客と直接つながる「D2C」メーカーの勝算

Glossierの創業者 エミリーワイズ氏は、ファッション雑誌のスタイリングアシスタントとしての経験をもとに、2010年からファッションブログを運営し、月間140万人が訪れる人気サイトとなりました。 顧客がSNSなどで企業に代わってストーリーを発信してくれるため、過剰な宣伝が不要になる上、余剰な広告費の削減が期待できるため、新たなコミュニケーションチャネルへの投資を加速できる。 販路はECのみだが、サイトでは着用感がイメージしやすいよう、全商品で150cm前後と145cm前後の着画モデルを起用している。

もっと

【3/25更新】D2Cとは?D2Cブランドの特徴とD2Cまとめ一覧

SNS広告からの流入を受けるLP(ランディングページ)にも利用者の声としてUGCを活用。 要するにD2Cブランドは、情報感度・情報の発信力が高いことに加え、ブランド選択と自己表現を結びつけて考える特性を持つデジタルネイティブ世代、すなわちミレニアル世代やその下のZ世代を核に根強い支持を集めていると考えると理解しやすい。 このことからも個人インフルエンサーや小規模メーカーがファンと直接繋がり、消費者のニーズに合わせたニッチな商品を開発し、ネット通販などでどんどん販売していくスタイルはこれからの稼ぎ方としても重要になりそうです。 「D2Cは下火」「D2Cは儲からない」の真実 米国でのD2C、DNVBの躍進やメディアの盛り上がりを受け、この何年かは日本国内でもD2Cバブルといってもよいほど、新たなD2Cブランドが勃興しています。

もっと

【3/25更新】D2Cとは?D2Cブランドの特徴とD2Cまとめ一覧

ヒントは、アメリカのD2C企業の業績にあります。

もっと