松平 直樹

松平直樹とは

松平さん: 「みんなが食べていたんで、ボクも食べてみたんです。 そして(平成元年)、全盛期のオリジナル・メンバーによる、マヒナスターズ再結成に参加。 歌謡曲、ジャズ、ハワイアンを良く見に行った。 和田弘とマヒナスターズのヴォーカルとして、第二回レコード大賞受賞曲「誰よりも君を愛す」をはじめ、「お座敷小唄」「愛して愛して愛しちゃったのよ」などの大ヒット曲を連発。

もっと

純烈、マヒナスターズ松平直樹からムード歌謡継承

2012年に逝去の情報があるが、公式発表はされていない。 の4名である。

もっと

松平直樹さんインタビュー

松平さん: 「電動ランニングマシンを使って、1キロ10分くらいののんびりしたペースで、まず30分くらい走ります。 潮来船頭さん/伊豆の湯けむり(1959年5月、VS-215)• 「幸せになってね」(のちにが「わたし祈ってます」の題名でヒットさせる)などを発表する。 趣味:レトロな建造物やインテリア、古美術鑑賞、ハーブ栽培、ドライブ。

もっと

松平直樹さんインタビュー

、の歌謡曲(流行歌)部門のレコード売上で「夜霧の空の終着港(エアーターミナル)」が年間2位を獲得したほか 、トップ10内に4作がランクインした。 327• その時は、潔く現役を退くしかありません」 「その時」が少しでも遅くなることを祈ろう。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 現在は昔のメンバーに新メンバーも加え、ザ・マヒナスターズを結成して活動をしている。

もっと

松平直樹とは

現在はザ・マヒナスターズとして活動している。

もっと

和田弘とマヒナスターズ

2002年に再び退団。 当時のメンバーは、、、、の4名。 内で、セットの黒板に『マヒナスターズの裏声の人出演希望。 イベントの中盤で、松平から純烈リーダーの酒井一圭(41)に「ムード歌謡」と書かれた継承のボードが手渡された。

もっと

松平直樹さんインタビュー

4~5年前、松平さんが「ちょっと血糖値が高くなった」といった途端、常連客のひとりがウコッケイのたまごとリンゴ酢を「これがいいわよ」と持ってきてくれた。 春の名残り(多摩幸子とのデュエット)/(1961年11月、VS-592)- 「北帰行」はとの競合作• つみな奴だよ(1963年10月、VS-1134)- 片面はの「白バラの花咲く丘」• マヒナスターズの黄金期を支え、一世を風靡したのち独立し、「松平直樹とブルーロマン」を結成。

もっと

和田弘とマヒナスターズ

マハロエコーズを経て、RCAレコードのディレクターに転じ、などを担当した。 に脳梗塞で倒れて以降、リハビリを続けていたが復帰は叶わなかった。 来歴 [ ] 山口銀次、和田弘、三島敏夫らが、「と」を退団後、にハワイアンバンド「山口銀次とマヒナスターズ」を結成。 1967年、マヒナの東芝移籍の際に、山田と二人残留し、マハロ・エコーズを結成したが後に解散しマヒナ復帰。

もっと