知覚 力 を 磨く

本当に優秀な人は「考える力」よりも「見る力」で差をつけている

従来の研修・セミナーにありがちな表層的ハウツーの習得ではなく、実践で高い成果をだす、根本的な能力開発を重視し、美大式の本格的なトレーニングプログラムを提供しています。 創造性の原始力 知覚ー思考ー実行 観てるつもりで見ていない 見えるはずのものが見えていない 絵画を観察するように世界を見る技法 1すべては知覚からはじまる みているものは個人的な世界 新しいものは誰かの世界 2観察する眼 3見えない世界を観る 4何を観るか 5どう観るか 6知覚する組織へ 新しいものは誰かの主観から生まれる 感じ方を磨くと学び方も磨かれる 知覚は 多様性を富む 知識と影響し合う 知識がはじまる 知覚〜人が資料などから情報を選択し、解釈し、問題設定する 思考〜目的として必要に応じて推論、分析的、論理的、クリティカル、クリエイティブ思考などを稼働させながら考える 実行〜アイディアを組織化しコミュニケーションやパフォーマンスを行う 知覚力を磨く方法 知識を増やす 他者の知覚を取り入れる 知覚の根拠を問う 見る、観る方法を変える マインドアイ〜脳で見る機能 メンタルイメージ〜それで見られる像 私たちの眼は検索モードにとらわれている 純粋によく見てない 何かを期待し、何か探してしまう 目的なく見る力が価値を持ち始めた 発見にとらわれない見方が発見を導いた 人間の見るは脳のクリエーション 知覚する脳はコントロールできない ビジュアルシンキングストラテジー 知覚力を奪うバイアス カテゴリバイアス 確証バイアス 同調バイアス 自信過剰バイアス ネガティビティバイアス 曖昧性バイアス バイアスの盲点 細部にとらわれない 全体図を観る 組織的に観る 周縁部を観る 関連づけて観る 全体図に向かい、コンテクストと、基本的要素を把握する フォーカルポイントを選び、その詳細を、観察する 残りの部分を分け、それぞれの詳細を、観察する 一歩下がって全体図を眺めながら解釈する 周縁部を確認し、再解釈を、検討する 共感力とは、自分の知覚を超える能力である. また、書籍の発送は日本国内に限定させて頂きます。

もっと

なぜ「独学者ダ・ヴィンチ」は、圧倒的な業績を残せたのか?

そこが私のポイントだ。 長くなるから詳しく書かないが、この本が私の年の者にもいいのは、知覚を高める方法がレッスンとして具体的に書かれていることだ。 「思考力」だけで帳尻を合わせられる時代は、もはや終わろうとしています。 Source: ダイヤモンド社 Photo: 印南敦史. その趣向を分析すると、「ダ・ヴィンチが知覚を重視していた可能性については疑う余地がないといっても過言ではない」と著者。

もっと

『知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法』(神田房枝)の感想(15レビュー)

データの読み方は何通りもありますし、もっと言えば、それ自体はただの文字や数値、コードでしかありません。 思考:問題解決や意思決定といった一定のタスクを目的として、必要に応じて推論・分析的・論理的・クリティカル・クリエイティブ思考などを稼働させながら考える• アートから越境し、人体解剖学・光学・植物学・流体力学・地質学・建築学・地形学・数学などを学び、知覚の領域を広げているわけです。 良書との出会いに感謝ですね。

もっと

ダ・ヴィンチの好奇心ノートに学ぶ「知覚力」の重要性と磨き方(ライフハッカー[日本版])

社会の変動の幅・方向・スピードが見通せない時代には、 目的を設定すると、先入観や偏見で本質を見損なってしまうことがある。 知覚を磨く方策は次の4つです。 ダ・ヴィンチは、「観察」モードに切り替えた人間の目に底知れない潜在力があることを、はっきりと自覚していました。 マインドアイが観ているのは、既存知識と統合された解釈や、それをもとにした発想である。

もっと

『知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法』(神田房枝)の感想(15レビュー)

もちろんこの本を読むだけでなく、絵を観察して、飾ってみることをお薦めします。 大変面白い本だった。

もっと

【1枚でわかる】『知覚力を磨く』神田 房枝

アーティストとしてだけでなく、サイエンティストとしても歴史的な構成機を積み上げていったわけですが、 彼は基本的な読み書きと算術以外には、当時の学校教育を受けていませんでした。

もっと

楽天ブックス: 知覚力を磨く

アートの趣味を持っている科学者のほうが、そうでない科学者よりも2. 15)。

もっと

【お薦め本の紹介】経営者には超超超お薦め!「知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法」

目が覚めてさえいれば、いつでも「よく観ること」は可能で、自分自身の目以外にはなにもリソースが必要ないわけです。 『手稿』から見えてくる「知覚重視」の痕跡 そうした疑問を解き明かしてくれるのが、ダ・ヴィンチの『手稿(ノートブックス)』です。

もっと

知覚力を磨く―――絵画を観察するように世界を見る技法

(70ページより) 『手稿』から見えてくる「知覚重視」の痕跡 そして、そんな疑問を解き明かしてくれるのが、ダ・ヴィンチの『手稿(ノートブックス)』。 追補 養老孟司は、認識の中心に、観ることを位置付けている。 「何を見るか?」については、「絵画」を観るべきである。 解釈:脳が既存の知識を組み込み、意味付けする この解釈のベースには常に「知識」がある。

もっと