宗門 改

宗門改とは

活字化されたものがあれば、それをもとにして、古文書を読み解きできるので、非常に効率が高まります。 井上政重は捕縛したキリシタンを、正保3年に自身の下屋敷に作らせた牢屋に収容し尋問を行った。 ここで宗門改は制度として完成した。 寛文11年()に幕府はこれを法的に整備し、宗門人別改として定期的に調査を行うように義務付ける。

もっと

宗門改

少なくとも、寺請制度が制度として全国的に施行されるようになるのは、寛永12年()にを改定してからである。 また、行政機関が所蔵していても、別の理由から断られることもあります。

もっと

切支丹宗門の迫害と潜伏

家系調査には欠かせない、宗門人別改帳 江戸幕府は、キリスト教禁教のために、民衆にどのような宗教を信仰しているのかを監視するようになりました。 幕府の宗門改役は、配下に6騎、30名が配属され、幕府直轄地に対してのキリシタン及び宣教師の捜索を行い、また諸藩に対するキリシタン改帳の作成やその送付、点検も行っていた。 また、家族の中で檀那寺が異なるケース(半檀家)も避けられたため、原則として、同じ家系に属する人々は、代々同じ檀那寺に属するようになっていきました。 江戸時代中期になると、従来の監察官としての色彩よりも伝令や殿中での儀礼官としての色彩が濃くなり、名誉職・閑職とみなされるようになっていった。

もっと

宗門改とは

また宗門改などを通じた宗教統制に入らなかった民間宗教、新宗教なども徳川幕府によって「邪宗門」に分類された。

もっと

シュウモン アラタメ【宗門改】の例文集・使い方辞典

しかしながら、寛文12年になると、請役には茂紀とともに多久茂矩が就任し、龍造寺一門が二人体制で請役を務める龍造寺執政体制が復活する。 幕府は民衆をいずれからの仏教宗派に所属させ、その証明を持ってキリシタンではないことを証明させた。

もっと

宗門人別改帳の原本を閲覧しよう

江戸時代までは、檀那寺を変える寺替(てらがえ)や、宗派を変える宗旨替が行われていましたが、寺請制度が普及すると基本的にはこれらは行われなくなりました。

もっと

シュウモン アラタメ【宗門改】の例文集・使い方辞典

もう一つは、 寺の経営のあり方が変化したことです。 明治政府によるキリスト教徒へのスパイ活動は当初は弾正台が明治3年6月の「諜者規則」に基づいて行い、翌年7月には新しい太政官制により正院内の監部課が引き継いだ。

もっと

シュウモン アラタメ【宗門改】の例文集・使い方辞典

宗門人別改帳を探すのは大変! もしも、先祖代々の宗門人別改帳を閲覧できれば、江戸初期から明治初期に至るまでの、家族の移り変わりが明らかになるはずです。 他にも家畜の所有数を調べる人畜改などがあり、これら人別改は必要に応じて不定期に行われていた。

もっと