三 月 の パンタシア 歌詞

ピンクレモネード

止まれないスピードで 冷めぬ夜の温度で 私の知らないものを全部教えて さよならの彩度で その煙の温度で 苦い味が忘れられないよ 口に残るように 学校生活で生じる自身の アイデンティティの揺らぎや漠然とした 不安。 茜の空に君を呼んだ… 一番最初に誰が ゴールへ辿り着けるか? はしゃいで競い合った夏の日 僕らが目指した場所は いつしか違う明日で 寂しさ 胸の奥に隠して 一人で歩く帰り道 涙をこらえた 「大丈夫だよ」 あの日の君の声が 今も変わらず 響いてる そしてやっと気づいたんだ 「一人じゃないんだ」 遠く離れても 手を伸ばせば どんな時もほら そこにいる ここにいる 何度も季節は巡り 僕らは大人になって いつしか薄れてゆくあの夏 震える小さな背中 どこかで君が泣いてる なぜだろう?急にそんな気がした 見上げれば 茜の空が 静かに滲んだ 「大丈夫だよ」 今度は僕が言うよ 例えば君がくじけそうで 立ち止まってしまっても 「一人じゃないんだ」 時が流れても 忘れないで いつだって僕らは そばにいる いつの日も 色褪せないで 心の奥 描いた かけがえのない僕らの明日 茜の空が照らした 駆け抜けて行こう 未来の向こう側へ どんな季節もこの胸に 輝いてる 『大丈夫だよ』 あの日の僕らの声は ずっと変わらず 響き合って それぞれの明日へと 『一人じゃないんだ』 遠く離れても 手を伸ばせば どんな時もほら そこにいる ここにいる. ライブのなかでも話したけど、今年はも〜〜っと、輝きが繋がる夜をたくさん過ごそうね。 ワクワクするけど怖い といった複雑な心情と対比させられています。

もっと

【三月のパンタシア/青春なんていらないわ】歌詞の意味を徹底解釈!情感漂うひと夏の恋が描かれる!

一緒に活動しているクリエイターの方々を見てみると、ニコニコ動画で活動している方が多いので 「元々歌い手だったのかな?」と思う方も多いはず。

もっと

ピンクレモネード

冬の温度に震えた 息は真白に染まるようで 唇から覗いた それが、煙草の煙に 見える君の温度で 夜のライブハウスで 私の知らない音を全部教えて 鼻歌で小さく 歪むほどに大きく 同じライブハウスでのアルバイト上、何度も顔を合わせる二人。 しかし Wikipediaや公式HPなど、どこにもそういった情報は公表されておりません。 卒業 別れ 終了 はじまり 3月は 年度の締めくくり そして新年度への準備を おこなう時期でしょう。

もっと

三月のパンタシア、アルバム収録曲「醒めないで、青春」リリックビデオ公開!

(引用元:三月のパンダシアWikipediaより) 「三月のパンダシア」の音楽を聴くただの爽やかさだけでなく、切なさやノスタルジーな気持ちになる理由がわかりますよね。 そんな儚く愛おしい時間との別れの寂しさを、せめて明るく彩れたらという想いも込められている。 2018年11月21日には6枚目となる「ピンクレモネード」 TVアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 ネット上にも「『フェアリーテイル』はサビで泣くのでカラオケで歌えない」「バラード調の歌ではないけど、不思議と涙をそそられる。

もっと

キミといた夏

MV YouTube動画 は 歌詞の下に設置しています。 ぜひ歌詞をご覧になって 歌ってみて下さいね。 また、気鋭のクリエイターたちが集まり、ケータイ小説と連動するなど、メディアミックス展開も積極的に行っている彼らの正体と魅力に迫ってみたい。

もっと

注目の音楽ユニット・三月のパンタシアとは? 日常の“表と裏”を同時に描くリアルに共感

音楽を堪能する為、イヤホン聴きを推奨します。 前出の小説を手掛けているノベリストのみのりも名を連ねている。

もっと

三月のパンタシア ルビコン 歌詞

ひとりの人に翻弄されたある冬の物語を書きました。 透明感と切なさを感じるみあさんの歌声と爽やかなサウンドが特徴的で人気を集めています。 。

もっと