ジェンダー の 日本 史

企画展示図録 性差(ジェンダー)の日本史

そのほかにも遊郭を支える金融ネットワーク、買う男たち、遊郭と地域社会、娼妓の「自由意志」のカラクリまで、現代にまで続く性の売買の背景を膨大な資料で浮き彫りにする。

もっと

「性差(ジェンダー)の日本史」 国立歴史民俗博物館にて開催中!

いかがでしたか? 4回にわたり、国立歴史民俗博物館の横山百合子教授に、今回の展覧会について、また「ジェンダー」についてたっぷりとお聞きしました。 中央上部には、老舗茶屋 駿河屋で客を待つ名高い遊女・花扇が描かれている。 スマートフォンだけでなく、パソコンでもご利用できます。 ポスター「男女同一労働同一賃金になれば」 労働省婦人少年局婦人労働課 1948(昭和23)年 メリーランド大学ゴードン・W・プランゲ文庫蔵 戦後の占領下、GHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)経済科学局のマリア・ミード・カラスと、日本の労働省婦人少年局や都道府県の婦人少年局地方職員室の女性公務員たちは、性差別廃止をめざす活動を通して深い絆を結んだ。

もっと

企画展示「性差(ジェンダー)の日本史」。
横山教授に、オススメの博物館について聞いてみた!(4/4)/Be

にもかかわらず、近代を象徴する明治憲法体制は、「家」を構成する者として古代、中世、近世と役割を発揮してきた女性の政治的権能を否定し、 政治空間から女性を排除していくことになりました。 税の負担者は戸主である男性になり、女性の働きは見えにくくなりました。

もっと

《新体系日本史》9.ジェンダー史

。 中世の絵画に働く女性が描かれていても、それが女性だけの仕事とは限りません。 日本の歴史と文化を深く学ぶことができます。

もっと

ジェンダーの成り立ちと変化 「性差(ジェンダー)の日本史」展 国立歴史民俗博物館で10月6日から

娼妓は、接客後の洗浄を義務付けられていた。

もっと

ジェンダーの成り立ちと変化 「性差(ジェンダー)の日本史」展 国立歴史民俗博物館で10月6日から

政治について。 男女を区分するのはなぜ? ジェンダーの成り立ちとその変化を明らかにする、初めての歴史展示です。 一方、政治空間としての「家」に着目すると、女性も政治的権能を発揮していたことが分かる。

もっと

「性差(ジェンダー)の日本史」 国立歴史民俗博物館にて開催中!

大規模な対外(朝鮮半島との) 戦争が組織されるようになると、 戦士およびそのリーダーは男がなりますが、国内の政治やムラ・ 地域を率いるリーダーには、あいかわらず男も女もいました」 性の「商品化」がはじまった 「性の売買」の側面から時代の変遷を見ることも、今回の企画の特徴だ。 無意識のうちに私たちを強くとらえているジェンダー。 裁判調書に綴じこまれた桜木の日記は、梅本屋における遊女たちの過酷な生活を物語る。 無意識のうちに私たちを強くとらえているジェンダー。

もっと

『性差(ジェンダー)の日本史』展は私たちの”常識”に挑戦し、不快にさせる|徐東輝(とんふぃ)|note

そのためにも、少しでも調査や勉強の時間を確保し、ともに頑張っていきましょう。 (国立歴史民俗博物館HPより) 国立歴史民俗博物館HPのページはからどうぞ。

もっと